恋愛講座「いい人が遊び人モテ男ことを制圧する技術」

美人ほど落とすのが難しいと感じる理由

こんにちは、野原すすむです。

今回は、

美人ほど落とせなくなる理由

について解説します。

美人を落とすのは難しいのか?

多くの男性がよくこう言います。

「あの女は相当レベルの高い美人だから簡単には落とせないぞ」

「あの子はかなり可愛いから相当なイケメンじゃないと無理だと思うぞ」

そして、こういうことを言った男性は実際にその女性を落とせていません。

美人や可愛い女性と付き合える男はこういうことを言わないものです。

結論から申します。

「美人だから落とすのが難しい・・というのは全くない!」

断言できます、関係ありません。

美人を落とすのが難しいということは決してありません。

その理由をこれから説明します。

高嶺の花だと思った時点で負けている

美人や可愛い女性を見て「こんな女と付き合いたい!」と思った男性は大きく分けてこの2パターンに分かれます。

  1. 「あんな子と付き合えたらなあ」(憧れている)
  2. 「さて、どんな子なんだろうか」(冷静でいる)
  • 恋愛経験の少ない男性ほど1の感情を抱きます。
  • 恋愛経験の豊富な男性ほど2の感情を抱きます。

そして、1の感情を持ってしまった男性は、大抵その女性と付き合うことは叶いません。

ほとんどの女性は、男性に引っ張ってもらいたいと考えています。

牽引力のある男らしい男性に惹かれるものなのです。

そのため、付き合うなら対等かもしくは男性の後ろを少し歩きたいくらいに思っている女性が多いのです。

しかし、

「あんな子と付き合えたらなあ」(憧れている)

のような感情を持ってしまうと、女性の対して引け目のようなものを感じてしまい堂々と接することが難しくなるのです。

女性は自分に媚びてくるような男性とは付き合いませんので、堂々と接することはとても重要です(偉そうに接するという意味ではなく)

その女性が自分にとって高嶺の花のような存在だと思った時点で、もうその女性とは対等の立場ではなくなっているのです。

女性の一挙手一投足に反応してしまい、女性の言葉に右往左往する・・こんな状態で堂々と対峙することはもう不可能です。

女性の言動に振り回され、親しくなろうにも全てが後手後手に回り、自分というものが出せなくなります。

そんな状態では女性はあなたに惚れてくれません。

モテる男は美人にも動じない

その反面、モテる男性は美人を見ても、

「さて、どんな子なんだろうか」(冷静でいる)

という風に、浮かれることなく落ち着いています。

このように冷静でいられた男性だけが、その美人と付き合える可能性を残しています。

冷静であれば女性と対等に自然体で接することができるからです。

これは皆さんにも経験のあることだと思います。

綺麗な女性に対してはどうしても緊張してしまうけど、近所のおばさんとは普通に話せますよね。

これと同じで、あくまで自然に普通に接することが大事です。

モテる男性は女性慣れしていますので、美人慣れ、つまり美人に対して免疫があります。

ですから、美人に対しても物怖じしないので女性の言動に振り回されることもありません。

その結果、女性と対等もしくは自分主導でコミュニケーションを取ることができるので、女性に惚れてもらうための手段も試みることができます。

美人であることは認めても、美人だからと特別扱いはしないのです。

美人と付き合えない男は自分のことしか考えていない

美人と付き合えない男性が冒しているミスは他にもあります。

それは、「その女性のことを冷静に考えられていない」ということです。

「あんな子と付き合えたらなあ」

と思うわりには、その女性が何を求めていのかを冷静に考えることができていません。

「付き合いたい」という気持ちが強すぎて、女性の気持ちを自分にとって都合の良い方向へ解釈してしまっているからです。

「LINEが返ってくるから脈がある」

「デートに誘ったら、考えてみるって言ってくれてるから良い傾向だ」

こんな風に、女性の言動を希望的観測で捉えてしまうのです。

気持ちはわかりますが、これはポジティブ思考ではなく、ただの勘違いや能天気でしかありません。

LINEが返ってくるのも、デートを無下に断ってこないのも、ただ気まずいから社交辞令でそう返されてるだけの可能性も高いのです。

「希望がある」というのは、自分がそう思いたいだけなのです。

冷静に考えれば、女性はまだこちらに興味も好意も持っていない可能性が高いわけで、まずはいかにして好意を持ってもらうかを考えなくてはいけない段階なのです。

しかし、美人に憧れのような感情を抱いてしまう男性は、

「俺はこの美人と付き合いたい」

という自分一人だけの感情に突っ走っている場合が多いのです。

しかし、恋愛は相手ありきです。

独りよがりの恋愛は所詮うまくいきません。

  • 相手の女性が何を求めているのか
  • どういう男性が好きなのか
  • 自分は今どう思われているのか

などを冷静に捉える必要があります。

ただ浮かれているだけでは恋人にはなれません。

美人だろうがそうでなかろうが、相手は一人の女性です。

女性側も喜んで歓迎するような状況を作ってあげない限り恋人にはなれないのです。

まずは女に慣れること

以上のように、美人であるほど落とせない原因は、女性ではなく自分にあります。

自分で勝手に難しくしているのです。

とはいえ、美人に対して常に冷静でいろというのも難しい話だと思います。

私も昔はそれができませんでした。

男は美しい女性や可愛い女の子を見るとつい舞い上がってしまうものですから。

それを克服するには、とにかく女性に慣れるしかありません。

慣れてくれば緊張もしなくて済みますし、相手が美人だからと余計な力が入ることもなくなります。

「美人相手の時ほど気負わないように」

と自己暗示をかけたところでそうそう上手くできるものではありません。

結局は経験がものをいいます。

ですから、まずは女慣れ、そして美人慣れすることが、美人を落とせるための近道です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする