真面目美女から愛されるための出会い・トーク・口説き方を無料プレゼント中!

【女にモテる会話(実践編)】聞き上手になるには広がせ上手を目指すこと

聞き上手の本当の意味について解説します。

女にとって最高の存在は「聞き上手の彼氏」

女性からモテる男性はほぼ例外なく「聞き上手」です。

人間が最も心地良いと感じる時は、自分らしくいられる時です。

そのため、ありのままの自分を受け入れてくれる人に対しては必ず好感を持ちます。

そして、この傾向が特に強いのが・・女性です。

  • 自分のことをわかってくれる人
  • 話したいことを好きなだけ話せる人

女性がこういう人を強く求めるのは、女性が「寂しがり屋」かつ「おしゃべりが好きだから」です。

女性にとって最良の話し相手は、母親です。

中高生あたりになると話し相手は、友達へとシフトしていきます。

ですから、多くの女性は親や友達に対してあまり悪い感情は持っていません。

親や友達というのは、自分をわかってくれて、そして自分の話を聞いてくれる存在だからです。

しかし、社会人にもなると母親や友達と毎日話せるとは限らなくなってきます。

「日々あった出来事をとにかくしゃべりたい!」と思っていても、それを聞いてくれる人はどんどん減ってしまうのです。

だから女性は女子会や井戸端会議を定期的に行なっているわけです。

あれは女性にとって日々の鬱憤を晴らせる最高の時間なんです。

女性にとって恋愛は趣味の一つです。

好きな彼氏がいるといないでは、女性にとっての幸福度は全く違ってきます。

そして、好きな彼氏が「毎日のように話を聞いてくれる」となったら・・女性にとって最高の存在です。

恋人が母親や友達の代わりもしてくれていることになるからです。

そうなると、女性はその彼氏をもう手放せなくなります。

「恋愛対象」そして「話を聞いてくれる」という2つの役割をしてくれる存在を一気に失うことになるからです。

そのため、女性からモテたいなら聞き上手になることが最速の道です。

しかもこれは、いい人が実は得意とする分野です。

モテない男は心理カウンセラーの対応をしてしまっている

にもかかわらず・・ほとんどの男性が「聞き上手」の意味をこんな風に誤解しています。

  • 話を黙って聞く
  • 途中で口を挟まない
  • 相槌しておく

こういうことを聞き上手と思っている男性がたくさんいますが、これは全くの間違いです。

本当の聞き上手というのは、こういうことを指します。

  • リアクション豊かに話を聞く
  • 自分の話もちゃんとする
  • 相手の話を否定しない

もしあなたが話す側だったとしたら、聞き側にこうあってほしいはずです。

「俺の話を楽しそうに聞いてほしい」

「たまには俺に質問してほしい」

「俺の話に対して自分はどう思うか言ってほしい」

「おもしろい話をしたんだから笑ってほしい」

「俺の愚痴やストレスに対して同情してほしい」

わかりやすく例を挙げます。

あなたが「Aさん」「Bさん」「Cさん」の3人に、自分の好きな映画の話をしたとします。

この3人はその映画を全く知らないこととして、それぞれこう反応しました。

  • Aさん:「それ知らないから興味ない」と言って他の話をしようと言ってきた。
  • Bさん:「へー、そうなんだ」と繰り返しながら黙って話を聞いてくれた。
  • Cさん:「へー、それウケる!その後どうなった?」と楽しそうに聞いてくれた。

Aさんは論外です。

Bさんは一見問題ないように思えるかもしれませんが、これでは不十分です。

Bさんは確かに話は聞いてくれてますが、ただそれだけです。

興味を持ってくれているかどうかわからない上に、話を広げてもくれていません。

そのため、Bさんに対してはあなたが一方的に話すことになり、そうなるといずれ話のネタも尽きてしまい、最後には会話が続かなくなってしまいます。

  • 聞くけど自分の意見は言わない
  • 一般論しか言わない
  • 否定せず頷いて同意するだけ

これは、心理カウンセラーの対応と同じです。

心を病んだ人に対してはこの対応が正解です。

Bさんのような対応では、相手の反応お構いなしに延々と話し続けるようなメンヘラ気味の女性からにしかモテないのです。

そのため、普通の女性から好感を得るには、Cさんのような対応をする必要があります。

あなたは自分の好きな映画の話をもっと話したいわけですから、そこに興味を持ってどんどん話を広げながら聞いてくれると嬉しく感じて、そして楽しくもなってくるからです。

この対応ができる人は、女性だけでなく全ての人間から好かれます。

聞き上手になれば話題を考える必要すらなくなる

モテない男性はよくこう言います。

「女性と何を話したらいいかわからない」

「女性と会話が続かない」

「沈黙タイムが辛い」

「だから、しゃべってくれない女性は苦手」

女性と何を話したらいいかわからず、とりあえず質問ばかりぶつけて、いずれ会話が途切れ途切れになり、そして嫌われる・・

これがモテない男性のフラれパターンです。

この悩みを解決できるのが「聞き上手になる恋愛技術」です。

聞き上手になって会話を広げることができれば、もう話題を考える必要すらありません。

全ての会話が延々と続くので「次は何の話をしようか」と悩むことはなくなります。

「聞き上手=広がせ上手=会話上手」なのです。

話を聞ける人が聞き上手なわけではありませんので、そこを誤解しないようにしましょう。

ただ、会話上手といってもお笑い芸人のようにおもしろくなる必要は全くありません。

  • 「会話していて楽しい人=おもしろいことが言える人」とは限りません。
  • 「会話していて楽しい人=会話していて居心地の良い人」です。

会話していて居心地の良い人を女性は「おもしろい」と感じるのです。

会話していて居心地の良い人に対しては「この人とは波長が合う」と感じるので、自然と好意を持ってしまうものだからです。

それでは「聞き上手になる恋愛技術」の具体的な方法をこれから説明していきます。

4種類の方法がありますので、

【女にモテる会話(実践編)】聞き上手スキル初級「相槌は2回」と「オウム返し」

でそれぞれ解説していきます。




▼今すぐ真面目で美人の彼女が欲しい人はこちら▼

「50代で20代の女性と付き合えるようになりました!」

「このメルマガがきっかけで童貞卒業できました!」

「30歳で生まれて初めて女性から告白されました!」

「18歳年下の彼女と結婚することができました!」

そんな声を多数いただいているメール講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。