恋愛講座「いい人が遊び人モテ男ことを制圧する技術」

新川優愛がロケバス婚した相手は「いい人」だった

新川優愛

こんにちは、野原すすむです。

今回は、

いい人こそ起こせる奇跡

について話します。

新川優愛の結婚相手はロケバスの運転手

モデルかつ女優の新川優愛さんが、一般人男性とご結婚されました。

このニュースは「ロケバス婚」や「うそつき婚」として話題になりました。

新川優愛のロケバス婚会見

この話題は、私の個人的かつ勝手な思いもあって・・実に嬉しいニュースでした。

おめでとうございます!

この結婚が大きな話題になったのは、お相手の意外性からでした。

一般的に女優やモデルが結婚する相手として多いのは、俳優、芸人、プロスポーツ選手、その他著名人などです。

相手が一般人だった場合も、IT企業の社長や、元芸能人などの「一般人の枠を超えている」ような人が多いイメージです。

IT社長と結婚したい

しかし、新川さんのお相手は、ロケバスの運転手さんとのこと。

芸能人と直接関わりのある仕事なので、ある意味では業界の人かもしれませんが、少なくともこれまではそういうカップルをあまり見かけません。

格差婚という意見も出ており、偏った見方をすればそうなるのかもしれません。

ともあれ、これは多くの男性にとって希望が持てる話かもしれません。

いい女はちゃんと見ている

残念ながら、お相手となった男性の詳しい情報は公開されていません。

一般な方ですから、そもそも公開すべきですらありません。

ですから、新川優愛さんご自身が言われている情報だけでいうと、

・9歳年上の35歳

・新川さんが17歳の頃からお互いに知っていた

・10代の頃の新川さんはその男性に特別な感情は持っていなかった

・真面目な仕事ぶりと周囲への気遣いができる男性のことが徐々に気になり始めた

最初は、仕事で現場へ移動する際に見かける程度の関係だったのでしょう。

ロケバス

モデルと運転手が会話する機会はほとんどなさそうな気もするので、恋愛感情に発展することはあまりないはずです。

ただ・・女はちゃんと見てるんですね。。。

この結婚が話題となって、世間の新川優愛さんに対する好感度は上がり続けてるそうですが、単純な私も全く同じ思いです。

見る目のある女性だなあ・・って思ってしまいますから。

嘘から始まった恋だから「うそつき婚」?

新川さんの結婚は「うそつき婚」とも言われてますが・・言葉だけ聞くとちょっとイメージ良くないですよね。

でも、実際のエピソードを聞くと、すごくいい話です。

男性のことが気になっていた新川さんは、なんとか彼との距離を縮めようと思って、スタッフにある嘘を突いたそうです。

新川さんはまず、「ロケバスに忘れ物をしてしまった」とスタッフに伝えます。

スタッフがロケバスの運転手の彼に電話をかけようとしたところ、

「あまり知られたくない物だから、運転手さんには私から直接連絡したい」

「だから運転手さんの連絡先を教えてほしい」

と言って、彼の連絡先を入手した・・というものです。

携帯で話しながらほくそ笑む女

つまり、新川さんの方から男性にアプローチをかけていったわけです。

・・実に羨ましい話です。。。

新川優愛からアタック

新川さんのような女性がこういうことをすると「可愛いなあ」「いじらしいなあ」「意外に肉食だなあ」と好意的に見てしまうものですが、同じことを男性がやってしまうと・・途端に危険な話になります。

綺麗な女性は得ですね・・

こういう経緯があって「うそつき婚」とも言われていますが、やっぱりネーミングがちょっと悪いですよね。。。

こんなの騙したうちにも入りませんし、新川さんはその後男性にちゃんとネタバレもしているようですから。

堂々と連絡先を聞くこともできたでしょうし、それをしなかったのは気恥ずかしさだけではなく、相手の男性や自分の立場を考えてのことだったのかもしれません。

恋愛感情そのものは嘘なんかではなく本物だったわけでしょうから。

ロケバス運転手の男性は「いい人」だったらしい

最も気になるのは、

「新川さんがその男性のどういうところに惹かれたのか?」ですよね。

あれだけの美人でスタイルも抜群で、まだ25歳と若くて、すでに女優としても成功している・・そういう新川さんが今わざわざ結婚を望むこと自体が不思議な話でもあります。

「よっぽどいい男に違いない!」と世間が思ってしまうのも当然です。

「きっと社長か大金持ちに違いない!」と安直に考えてしまうのも無理ない話です。

「ロケバスの運転手?!何で?!」と驚くのも自然な反応です。

その男性は、新川さんいわく

「いつも優しくて色々気遣ってくれた」

「誰に対しても親切に対応していた」

「人の嫌がる仕事も率先してやる姿を何度も目にした」

という話です。

外見の情報はないのでわかりませんが、少なくとも内面的な部分に惹かれたことは確かなのでしょう。

やっぱり見る目ありますよねえ。。。

とにかく人間ができていらっしゃる男性であると想像できますが、何より「いい人」なんでしょうね。

「いい人」を応援する私にとって、これは本当に嬉しい話なんです。

「いい人はいつか報われる」という希望が持てる話なんです。

真に「いい人」であれば、女も支持してくれる

私は、「いい人はモテない」という常識を覆したいと日々思っている人間です。

そして、それは可能だと思っています。

「相手の望むことや喜ぶことをしてあげられる」・・それこそが「いい人」です。

そういう人がモテないわけがないんです。

つまり、「いい人なんだけどモテない」と言っている人は、そもそも「いい人」かどうかすら怪しいものだと私は思います。

真に「いい人」ならモテるに決まってますからね。

「俺はいい人なんだけどなあ」と思っているのは自分だけで、周りから思われていなかったら、それは「いい人」ではないんです。

自分の評価はいつだって周りが決めるものですから。

新川さんのお相手男性は、おそらく真に「いい人」なのかもしれません。

新川さんに対してだけではなく、周りのどんな人にも親切で気遣いのできる男性だったという評がそれを表しています。

何年もの長きにわたってその男性を見てきた新川さんがそう評するということは、その時その時だけ「いい人」を演じていたわけではない証拠でもあります。

真に「いい人」であれば、どんな時であろうと「いい人」です。

やっぱり、「いい人」はモテるんです。

この話がそれを証明してくれています。

真に「いい人」であれば、女性はちゃんとわかってくれるんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする