恋愛講座「いい人が遊び人モテ男ことを制圧する技術」

野原すすむプロフィール

野原すすむイメージ

はじめまして、野原すすむと申します。

普段はしがない会社員ですがそのかたわらで、恋愛家庭教師として女性にモテなくて悩んでいる人のサポートを行なっています。

「女性を幸せにしてあげたいと思っている男性」

こういう男性ほど女性から好かれていないという事実があります。

その結果、男性だけでなく女性まで不幸になります。

「女性を幸せにしてあげたいと思っている男性」

こういう男性が女性からモテるようになれば皆が幸せになれる、と私は信じています。

ですから、まずは世の男性から変えようと思って、私はこんなことを始めました。

たいそうなことを言ってますが、以前の私は全くモテない男でした。

初めて彼女ができたのは24歳の時で、しかも彼女は遊び人でした。

彼氏と別れたばかりで寂しくて仕方なかった絶妙のタイミングに、たまたま私と出会ったので付き合ったと後から言われました。

遊び人の彼女は私と付き合っている間も何度か浮気をして、最終的に私はフラれました。

失恋して頭を抱える

次に彼女ができたのはそこから4年以上経った後で、相手は8歳も年上の女性でした。

結婚に焦っていた彼女は付き合ってすぐに結婚を迫ってきて、さすがに私も応じることができませんでした。

にもかかわらず、そこからズルズルと1年以上も付き合い、結局最後はフラれました。

失恋ハートブレイク

気づけば私はすでに30歳を超えていました。

「キチンとした出会いを経て、ちゃんとした女性と結婚したい」

そう思った私は、結婚相談所へ入ることにしました。

そこで出会った女性と結婚することができましたが、その先に待っていたのは不幸の連続でした。

私の離婚原因 いい人は女と親の言いなりで板挟みに遭うだけ

産後クライシスの恐怖 産後うつで妻から離婚された私の過去

結婚生活すら満足に送ることができなかった私は、こんなにも人生は思いどおりにいかないのかと絶望しました。

仕事だって真面目にしているし、後ろ指を指されるようなことは何もしていないつもりなのに・・

その後、独身になった私は、離婚騒動の辛さを吐露していた女性に恋をしました。

「彼女と本気で人生をやり直したい」

そう思っていました。

しかし、彼女は遊び人の既婚男性の元へ走り、私は無様にフラれました。

遊び人の既婚者男に惨敗した失恋経験が私をモテ男へと変えた

またか・・結局いつもここに戻るのか、と泣けてきました。

真面目で誠実・・それしか武器のない自分は、女から見て何の価値もないのだ、と。

自分のように「チビ」「ブサイク」「つまらない」の三重苦男は何をやってもダメなんだ、と。

そんな男が40代になって、しかもバツまで付いた・・まだ堕ちるのか、と。

「自分の人生って何なんだろうな・・」

ブランコに座る孤独な男

そう思っていた矢先に出会ったのが「横山恋愛アカデミー」でした。

ウェスポーランドの横山建と出会って私はモテ男へ

恋愛、コミュニケーション、そして人間の深層心理・・多くを学びました。

気づいたら私は変わっていました。

「女性は男性に何を求めているのか」

「女性が嫌がる行動や言動はどういったものなのか」

「女性からモテるマインドの身に付け方」

「女性から好まれる会話のやり方」

「男女を問わない全てのコミュニケーションの基本」

これらを完全に理解し、体現できるようになりました。

これまでのモテない人生は180°変わり、様々な女性から強烈に求められるほどの男になることができました。

手をつないで見つめ合うカップル

40年の黒歴史にようやく終止符を打つことができたのです。

今の世には、恋愛を教えてくれる人が私の他にもたくさんいます。

そのほとんどが「いい人をやめろ」と言います。

確かに「いい人」は一般的に女性からモテません。

私もそれで40年間苦しみました。

しかし、私が確立したモテる方法を身に付けてもらえば「いい人」のままでもモテます。

胸に拳を当てて自信満々の男

自分を変えるのは辛いことですし、いい人がいい人をやめるのは簡単なことではありません。

私も昔とは大きく変わりましたが、いい人だけはやめられませんでした。

いくらモテるようになっても、その結果いい人をやめるようでは、相手の女性はいずれ不幸になります。

彼女の肩を抱く男

「恋愛でモテるようになりたい!」

これはもちろん自分のためです。

自分の人生をより楽しく豊かにするために、男は女からモテることを望むわけです。

それが叶えば、今度は「女性を幸せにしてあげたい」という余裕が生まれてきます。

モテないうちは自分のことで精一杯ですので、そんな仏のようなことはとても思えません。

しかし、モテるようになればそういう気持ちも出てきます。

こういう男性を少しでも多く作りたいのです。

私はこれといった取り柄もない平凡な会社員です。

優秀な大学を出たわけでもなく、会社でも出世どころか同期や後輩にどんどん追い抜かれているダメリーマンです。

見た目もチビでブサイク、誰も私をカッコ良いとは言いません。

口も元々は上手いわけではなく、性格や考え方も本来はネガティブで暗いと自覚しています。

しかし・・

こんな私でもモテるように変われたのです。

だから変われない人は存在しないはずです。

成功を優先する男

大事なことは、

「変わりたいと強く思うこと」

「その思いを行動に移すこと」

これだけです。

私もかつて横山恋愛アカデミーに入る時はかなり躊躇しました。

「よくありそうだなあ、怪しいなあ、自分なんかが今さらなあ・・」

誰でも思うことです。

しかし、思いきって行動した結果、大きく人生が変わりました。

私をモテさせたのは横山恋愛アカデミーではなく、私自身です。

横山恋愛アカデミーには感謝していますが、それはきっかけに過ぎません。

「自分で自分を変えよう」と思ったら、自分は変わります。

私ができるのは、変わるための方法を教えることです。

その方法を知ってもらえば確実に変わることができます。

「真面目で誠実なのにモテない」

「普通で劣っていないのにモテない」

「見た目に自信がないからモテない」

実にもったいないです。

こういう男性が本当にたくさんいます。

クリスマスイヴなのに

女性を幸せにしてあげられる力も権利も持っているのに、です。

変わることができたら「こういうことだったのか」と全てに納得できるはずです。

「とにかく知ってほしい」

「とにかく変わってほしい」

そういう思いで私は恋愛家庭教師をやっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする