恋愛講座「いい人が遊び人モテ男ことを制圧する技術」

横山恋愛アカデミー塾生だけが知る横山建の真実

ブサイク男の恋愛塾

こんにちは、野原すすむです。

今回は、

私をモテ男へと変えてくれた横山建と横山恋愛アカデミーの実態

についてお話します。

傷心中に出会った横山建の恋愛メルマガ

妻から離婚され、その後本気で好きになった女にもフラれ・・

私の離婚原因 いい人は女と親の言いなりで板挟みに遭うだけ

産後クライシスの恐怖 産後うつで妻から離婚された私の過去

遊び人の既婚者男に惨敗した失恋経験が私をモテ男へと変えた

こうして散々な目に遭った私はその後も迷走を繰り返し、恋愛システムエンジニア横山建の恋愛メルマガに辿り着きました。

そこで「なぜ自分がこんなにも女にモテないのか」を知ることに。。。

パソコン画面を見てなんてこったとショックを受ける男

一念発起した私は、30代の後半になっていたにもかかわらず恋愛塾というものに入りました。

それこそが横山恋愛アカデミー(通称:YRA)でした。

「いい歳して何やってんだろう・・」

「こんなこと誰にも言えないな・・」

とも思いましたが、女に振り回される人生を少しでも変えたかったのです。

最初は横山建も教材も信用していなかった

塾生になると、たくさんのテキストや音声や動画が送られてきました。

この時の私は恋愛について知りたいことばかりでしたので、それらを学ぶのはとても楽しく、早く次のテキストが読みたい気持ちでいっぱいでした。

それと同時に「自分にこんなことができるんだろうか?」という不安もありました。

この頃の私は何事にも自信が持てない状態だったからです。

「モテるための知識を得るだけで終わってしまうんじゃないだろうか?」

といった風に、期待よりも不安の方が大きかったのです。

いや、むしろ信じてなどいませんでした。

こんな教材を買って恋愛塾に入ったくらいで、今までの38年間のモテない人生が一変するわけがないと思うのが普通です。

「迷走して勢いで購入してしまった教材にも私は騙されてしまうんだろうな・・」

そんなネガティブな感情しかなく、まあ買った以上は知識として身に付けておくかくらいにしか思っていませんでした。

横山恋愛アカデミーというコミュニティは実に楽しい

入塾したと同時に、塾の懇親会の案内が届きました。

それは横山恋愛アカデミーの塾生同士で行われる懇親会で、定期的に開催されているものでした。

まだ右も左もわからない状態の私はとりあえず参加してみることにしました。

「どんな人たちがいるんだろう?」

と思って行ってみると、そこにはごく普通に見える男性が30人ほどいました。

何年も前から塾に入っている先輩もいれば、自分と同時期に入った同期のような人たちもいました。

職種も年代も異なる縁もゆかりもない人たちと飲む機会はこの歳にして初めての経験でした。

飲み会でグラスビールで乾杯

驚いたことに、塾生同士で行われてる会話の内容は、ほとんどが恋愛に関することばかりでした。

女性と違って男性はあまり恋愛話をしないものですから、これは異様な光景に見えました。

いい歳した男たちが恋愛について延々と語り合っているのです・・もう違和感だらけでした。

しかし、この時初めて、恋愛話の楽しさに気づきました。

「いい歳して恋愛話なんて・・」と最初は思いましたが、話し始めると止まらないものです。

これは誰しも一度は経験してほしいことです、本当に楽しいですから。

このコミュニティの楽しさによって、私の不安はどんどん薄れていきました。

それと同時に、入塾当初にあった悔しさや勢いもすでに薄れていました。

恋愛という残酷で厳しい弱肉強食の世界を戦い抜くには

横山恋愛アカデミーで成長するための活動は、いわば戦いのようなものです。

カンガルーの争い

恋愛の世界は弱肉強食ですから、ただ傷を舐め合っているだけでは成果など出ません。

そのため、横山恋愛アカデミーでは塾生同士が互いに協力して一緒に活動することを勧めていました。

そうすることで出会いを連鎖的に増やしたり、他の塾生を見習ったりダメ出ししてもらったりができるので、一人で活動するより効率が良いのです。

あと、単純に心強いからって理由もあると思います・・「赤信号、皆で渡れば怖くない」

懇親会で話すうち、数人の塾生が今後一緒に活動することを約束してくれました。

横山恋愛アカデミーの塾生は、一見すると地味でおとなしい感じの人が多いのが特徴でした。

「真面目でいい人なんだろうけど」って人が圧倒的に多いのです。

そして、お世辞にも外見が良くない人がほとんどでした。(私もですが・・)

他の塾生たちに入塾した動機を尋ねてみたところ、私と似たような理由の人がほとんどでした。

「昔からいい人どまりで女に相手にされない」

「好きな女ほど上手くいかない」

「彼女に浮気されて病んでしまったから」

「こっぴどいフラれ方をしたので見返したくなった」

・・男の悩みは皆一緒ですね。

その中で、周囲の塾生とは違った雰囲気を持った人が私に声をかけてくれました。

その塾生は見た目も良い方で、雰囲気も他の塾生とは違っていました。

真面目でいい人というよりは少しチャラいくらいなので、「どうしてこんな人がココにいるんだろう?」と不思議に思いました。

聞けば、彼は私と同い年の上に入塾した時期もほとんど同じでした。

彼は私に「一緒に活動しよう」と言ってくれました。

手を差し伸べる男

そして、彼と共に私の恋愛活動が始まりました。

横山恋愛アカデミーに入ったのはモテない自分を変えるため

それから私は彼と毎週のように出会いの場へ繰り出しました。

お見合いパーティ、街コン、異業種パーティ、相席居酒屋、合コン・・などなど。

横山恋愛アカデミーへ入る直前の私はほとんど引きこもりのような生活を送っていたので、連日のように華やかな場へ参加するこの生活はハッキリ言って異常でした。

楽しいという感情はほとんどなく、不安と疑念だらけでした。

「本当にこんな生活をしていてモテるようになるんだろうか?」

「いくらモテるためとはいえここまでしなくちゃいけないのか?」

1ヶ月も経たないうちに、私は自分の中のモチベーションが下がっていくのを感じていました。

しかし、同期の彼は毎週のように出会いの場へ誘ってきました。

 私「うーん、また行くの?」

 彼「当たり前だろ、経験積まないと」

私は彼ほどは女好きでもなければモテたいという意欲も強くはありません。

だから、こんな異常な生活を続けられる彼の神経が私には理解できませんでした。

聞けば他の塾生たちはここまで活動してはいないようでした。

塾生のほとんどは社会人として仕事を持っているため、そこまで恋愛活動に時間を割けないのでしょう。

しかし、彼と私は生活や仕事を犠牲にするレベルで活動をしていました。

なぜここまでするのか?と聞いてみたら、彼の返答はたった一言でした。

「変わるため」

彼は他の塾生たちをあまり良くは思っていないようでした。

女にモテない自分の人生を変えたいと思って横山恋愛アカデミーへ入ってきたにもかかわらず、入る前と何も変わらない生活をしている・・だから好きになれない、と。

「俺は他の連中とは違う、絶対に成功してみせる」

成功への階段を着実に昇っていく男

彼にはそういう強い意思がありました。

彼がいなかったら私はモテ男になることができなかった

彼には明確な目標がありました。

「どんな美人でも軽く落とせる最強のモテ男に俺はなる!」

ルフィ海賊王におれはなる

ルフィかよ・・と思いましたが、彼は本気で言っていました。

私と知り合った頃から彼はそう言っており、それがブレたのは未だに見たことがありません。

私にはそんな目標も野心もありませんでした。

美人と付き合える未来なんて自分の人生には存在しないと思っていました。

私の目標は「女に嫌われない」・・これだけでした。

彼と私では志が違いすぎました。

どうしてそこまで自分を信じられるのか私には理解できませんでした。

しかし、彼がいてくれたから今の私がいます。

横山恋愛アカデミーに入ったものの、すぐに初心を忘れてやる気をなくしてしまった私を強引に出会いの場へ連れていってくれていたのは彼でした。

何事も場慣れから始まり、失敗を重ねては経験を積み、自分自身で感覚をつかんでいく・・これは恋愛の世界でも同じでした。

圧倒的に経験が少なかった私には、とにかく出会いを重ねることが最重要だったのです。

しかし、恋愛弱者だった私が出会いの場へ行ったところでモテるはずもなく、するのは悔しい思いばかりでした。

当然楽しいわけもなく、自然と足が遠のきます。

しかし、それでも行かなければいけなかったのです。

もしあの時、彼が私の手を引っ張ってくれなかったら・・きっと私は活動をやめていたと思います。

そして、元のモテない生活を今でも続けていたと思います。

私を成長させてくれた彼には本当に感謝しています。

この頃の私は、意志が弱い上にネガティブ思考で色々と考えすぎてしまうところがありました。

ガムシャラに行動することがとても苦手で、これは今でもさほど変わっていません。

「こんなことやってたって・・」

「また失敗するんじゃ・・」

こんな風に思ってしまう癖があったので、何かに付けて言い訳して行動しなかったのです。

彼は私と違って物事をあまり深く考えるタイプではありませんでしたが、意志が強くポジティブで活動的でした。

出会いの場でうまくいかず落ち込んでいる自分の横で、彼は平然と次の行動に移していました。

「人間まずは行動あるのみ」

私は彼からこれを教わり、まずは彼に追いつくことを目指しました。

自分よりも常に一歩も二歩も先へ行っている彼を追いかけることが私の活動スタイルになりました。

今でも彼は私の先を行っています。

しかし、もう私は彼を追いかけてはいません。

彼も私もモテる力を身に付けたからです。

ベースが身に付けば、あとはタイプや戦略の違いだけなんです。

それでも、彼の行動力や意志の強さは今でも尊敬しています。

一人でモテようと考える必要はなく誰かに頼ればいい

人間は一人では何もできないものです。

だから、自分一人で全てやろうと思う必要はありません。

私のように行動が苦手なタイプには、彼の爆発力が必要でした。

その反面、彼にはない分析力を私は持っています。

塾生同士の協力とは、互いの欠点を補い合い、そして互いの利点を活かし合うことでした。

成長できずに終わっていく塾生にも私と同じようなタイプが多いのが現状です。

成果が見えないので行動をやめてしまうのです。

自分自身がそうだったので気持ちはよくわかります。

それだけに・・もったいない。

「キチンと導いてさえあげれば・・俺でも成長できたのに」

私が恋愛家庭教師を始めたいと思った理由はこれです。

「自分のようなタイプで苦しんでいる人を救いたい」

「こんな自分にも何かできることがあるんじゃないか?」

彼が自分を導いてくれたように、自分も誰かを導いてあげられたら・・と。

それが、私を変えてくれた彼や横山恋愛アカデミーに対する恩返しになると思っています。

横山建と横山恋愛アカデミーの真実

横山恋愛アカデミーへ入った塾生の全員がモテ男へと変われるかといったら・・そうではありません。

教材を買っただけで読み込むことも実践もせず、途中で諦めてしまう塾生も何人か見てきました。

ただ、横山建氏の教材やサポートのクオリティに問題があるかといったら決してそうではないと断言します。

実際に彼や私は世のほとんどの男性を凌駕するレベルのモテ男へと成長することができましたし、もっとすごいレベルまで到達している塾生もたくさんいます。

それこそが、横山建氏の恋愛ノウハウが正しいことを証明しています。

こういう教材はどうしても詐欺とか怪しいとか言われがちですが、少なくとも横山建氏の教材は本物であると言えます。

そして、彼という塾生が導いてくれなかったら、私は横山恋愛アカデミーで成長することはできませんでした。

だから、失敗する人の気持ちがよくわかります。

失敗する理由も、途中で諦めてしまう理由もわかります。

そして、どうやって指導してあげれば成功させてあげられるかもわかります。

私も弱い人間だからです。

彼のように強い人間ではないからです。

弱い私でも変わることができたからです。

変わるための方法が知りたい方は、いつでも私の方まで連絡してきてください。

横山建や横山恋愛アカデミーについて詳しく書いた記事はコチラ↓(ネタバレ)

ウェスポーランドの横山建との出会って私はモテ男へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ナル より:

    野原さん

    初めてメッセージします。

    横山さんの今回募集のコンテンツに、
    入会しようと思っています。

    慎重なボクは大丈夫か検索して、
    こちらのページたどり着きました!

    離婚歴有、45歳(現在無職独身)
    こんなボクでも大丈夫そうですかね・・・?

    • noharasusumu より:

      ナルさん、初めまして。

      私も入る時は同じように不安でした。
      今では入ってよかったと思ってます。

      私も当時は離婚歴有の30代後半でしたので、そこは問題にはならないと思います。
      ただ、キチンと学んだ人だけが成功できているという事実もあります。

      もし入られたら頑張りましょう!

  2. 匿名 より:

    野原さん

    コメントありがとうございます。
    入りました!

    それなりのボリューム。
    早速インプットはおこなっているのですが、
    1番問題?のアウトプットである出会い。

    男友達0、女友達も0と同じ状況・・・。

    京都市在住で、
    この出会いが課題だと感じています。

    何かアドバイスなどあれば、
    よろしくお願いします。

  3. ナル より:

    野原さん

    コメントありがとうございます。
    入りました!

    それなりのボリューム。
    早速インプットはおこなっているのですが、
    1番問題?のアウトプットである出会い。

    男友達0、女友達も0と同じ状況・・・。

    京都市在住で、
    この出会いが課題だと感じています。

    何かアドバイスなどあれば、
    よろしくお願いします。

  4. T より:

    野原さん、はじめまして!
    横山さんの教材を買おうと思っているのですが、恋愛初心者におすすめのものを教えていただけないでしょうか?
    様々な教材があってどれが良いのかわからないので….

    また、メルマガでは○日までなどとなっているのですが、入塾などはいつでもできるのでしょうか?