恋愛講座「いい人が遊び人モテ男ことを制圧する技術」

初対面や初デートはスタバやドトールなどのカフェが最適

こんにちは、野原すすむです。

今回は、

初対面や初デートで女性を連れて行く店はカフェが最適な理由

について紹介します。

初対面や初デートで行く店はスタバやドトールで問題ない

初対面初デートで女性を連れていく店としてはカフェ最適です。

カフェといっても色々ありますが、ここでいうカフェは以下のようなチェーン店のことです。

  • スターバックス
  • ドトール
  • タリーズ
  • サンマルク
  • ベローチェ
  • コメダ
  • プロント
  • カフェ・ド・クリエ
  • 星野珈琲店
  • 上島珈琲店
  • ミスタードーナツ
  • クリスピー・クリーム・ドーナツ

「え?チェーン店でも良いの?」

はい、問題ありません。

初対面や初デートは高級で立派な店にしなくて良い3つの理由では「チェーン店は避けるべき」と言いましたが、それはファミレスを指してのことです。

多くの女性は、「スタバやドトールなら良いけど、初デートでガストやデニーズはない」というイメージを持っています。

もちろんこれは全ての女性に当てはまるわけではなく、「初デートでスタバやドトールは嫌」だと思っている女性もいます。

そこで、あえてスタバドトールでも問題ないとオススメする理由を説明します。

2回目以降のデートでスタバやドトールはNG

スタバやドトールで問題ないと言っていますが、当然ながらこう思われるリスクもあります。

「なんか手抜きされてる」

「他に店を知らないのかな」

チヤホヤされてきた女性なら特に思うかもしれません。

個人的感情も少し入りますが、私としては「そう思いたければどうぞ」というスタンスです。

初対面で親しくもない女性にそこまで媚びる必要がそもそもないからです。

「スタバに行くけど、それが何か?」

このくらい強気でちょうど良いのです。

初対面や初デートでは、まだ人間関係もさほど構築されていません。

だからスタバやドトールで十分なんです。

しかし、2回目以降となれば話は変わります。

初対面を経て2回目のデートが成立しているということは、お互いに相手のことを多少は良く思っているはずです。

それなのに、まだスタバやドトールへ連れて行くとなれば、

「なんか手抜きされてる」

「他に店を知らないのかな」

と思われても仕方ありません。

これは自業自得です。

初回は許されても、2回目以降は許されないことがあるのです。

カフェ→食事の2段階デートを事前に計画しておく

ここからが本題です。

スタバやドトールでも問題ないのは、次の一手をちゃんと用意しているからです。

つまり、カフェでお茶した後に、食事へ誘います。

一旦お茶して、ある程度打ち解けた後に食事をした方が、女性もより食事を楽しむことができます。

この場合、女性が食事に応じるかかどうか不明なため、事前に店を予約できないというデメリットもあります。

そのため、とっておきの店は2回目以降のデートで使うことにして、初回は予約なしでも入れるくらいの店にしておいた方が良いでしょう。

食事に誘うかどうかの判断は、その女性と2回目以降も会う気が自分にあるかどうかで決めればいいと思います。

「また会いたい」

「感触も悪くない」

こういう感じなら食事へ誘うのもいいですし、そうでなければカフェだけで解散してしまえば時間もコストも抑えられます。

また、食事に来てくれるかどうかで、女性のこちらへの気持ちを多少推し量ることもできます。

用事があると言われればそれまでですが、応じてくれた場合は脈があるとも考えられます。

ただ、仮に食事を断られたとしても、感触さえ良ければ女性は次回もちゃんと来てくれます。

この場合、「もっと話したかったなあ」という感情を女性側に残すことができるので、次回きてくれる可能性は高いのです。

良いところで解散するのは有効な戦略です。

つまり、来ても来なくても、どっちに転んでも悪くはならないということです。

女性からすれば、カフェの後で食事へ誘われるというのは予定外の出来事なので迷惑に感じるのではと思いがちですが、それ以上に女性はサプライズが好きな生き物です。

お茶だけのつもりが食事も・・という流れは、女性の意表を突ける良い誘い方なのです。

2段階デートを計画する時は待ち合わせ時間を夕刻にすること

もちろん、これらはケースバイケースです。

女性と会う時間帯が昼飯時や夕飯時であったなら、満足な食事が取りにくいカフェへ連れて行くことはNGです。

昼飯時や夕飯時なら女性もご飯を食べる気で来ているからです。

実家住まいの女性なら家に夕飯を断っている可能性も高く、一人暮らしの女性なら夕飯の準備をしていなかったりするからです。

この場合は、最初から食事できる店へ連れて行くのが正解になります。

よって、2段階デートを計画するのは、待ち合わせ時間がご飯時ではない時間帯のみです。

午前中から会う人はあまりいませんので、待ち合わせ時間を夕刻にすれば良いのです。

そこで、もし女性が「ご飯は食べないんですよね?」と聞いてきたら、そこは正直に「少しお茶してから食べに行く予定です」と答えてあげましょう。

その時はサプライズにこだわる必要はありません。

女性側がご飯の準備をして迷惑をかけてしまう恐れがありますので、もし聞いてきた場合は正直に教えてあげましょう。

大事なのは店ではなく会話の内容

女性にモテるためには店の選び方も重要ですが、一番大事なのは何より「女性を楽しませてあげる」ことです。

女性があなたといて楽しいと感じなかったら、カフェへ行こうが食事へ行こうが両方行こうが所詮うまくいきません。

そのために必要なのが、会話力です。

最初にカフェを選ぶ理由は、女性とじっくり会話できる環境を作るためです。

そこで行う会話がその後の行く末を決めます。

店を選ぶ基準は、会話しやすい状況を作るのが目的であることを忘れないようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする