恋愛講座「いい人が遊び人モテ男ことを制圧する技術」

恋愛でモテるには上原多香子から見える女の冷酷さも知るべき

上原多香子が遺影を持って葬儀に

こんにちは、野原すすむです。

今回は、

女の冷酷な一面を知っておくことの大切さ

について、話をします。

TENN氏が自殺して残した遺書

2014年に、ミュージシャンのTENN氏が自殺された事件を覚えている人もいると思います。

TENN氏はヒップホップグループET―KINGのボーカルで、奥さんは元SPEEDの上原多香子さんです。

そして、世間を賑わしたのは・・TENN氏が残した遺書でした。

TENNの遺書

・・胸がしめつけられるというのはこのことでしょうか。

今さらながら、ご冥福をお祈りします。

恋愛でモテるためには女の裏側にある冷酷さも知っておかないといけない

この夫婦の間に何があったのか・・私は詳しく知りません。

TENN氏を自殺にまで追い込んだのは、妻である上原多香子さんの浮気が原因と言われています。

ただ、夫婦の問題は当事者同士にしかわからないこともたくさんあったと思います。

事情を知らずして上原多香子さんだけを責めることはできません。

今回お伝えしたいのは、女の冷酷さです。

恋愛でモテるためには、人間の裏側も知っておく必要があります。

女性から好かれるということは、女性の喜ぶことをしてあげて、女性が嫌がることをしないことを意味します。

それには、女性の心理、冷たい部分、怖い一面すらも理解しておかないといけないからです。

女の本性

気持ちが冷めると女はここまで残酷

こんな遺書を残された上原多香子さんは、どう思ったでしょうか?

申し訳なさで心がいっぱいで、自分を強く責めたでしょうか?

・・残念ながら、そういう風に思う女性は少ないと思います。

これは上原多香子さんに限ったことではなく、多くの女性に言えることだと思います。

あくまで推測ですが・・「迷惑」と感じたのではないでしょうか?

同情する気持ちはもちろんあったと思いますが、それ以上に迷惑と感じたような気がします。

それは、女性という生き物が「好きじゃない男には全く興味がない」からです。

浮気をしていたということは、おそらく上原多香子さんはTENN氏に対して思いがなかった可能性があります。

その場合、女性はその相手に情を感じることはあまりありません。

女性にはこういう冷たい一面があるのです。

男性は恋愛においてロマンチストです。

別れた恋人に未練があったり、良い思い出として心にしまっていたり、久々に連絡して会ってみたくなったりと、意外に女々しいところがあります。

女性は恋愛においてリアリストです。

自分から別れた恋人に対しては、基本的に未練がありません。

それどころか、すでに嫌いという感情に変化していて「二度と会いたくない」とまで思っていることが多いのです。

男の土下座を冷ややかに見つめる女

恋愛の成否を決めるのは「好感度」だけである

恋愛では好感度が全てです。

女性は、好感度が高い男性に対しては全てを捧げます。

女性は、好感度が低い男性に対してはゴミクズ同然に扱います。

・・反論意見があるかもですが、これが現実なんです(汗)

女性に誠実さを求めたくても、好感度の方が勝ってしまうものなのです。

モテない男性の中には、情に訴えるような押し方でイチかバチかの賭けのような告白をしてしまう人もいますが、この成否を決めるのは好感度だけです。

つまり、賭けですらありません。

好感度が高いか低いかで、初めから結果は決まっているわけです。

叶ってラッキーとか、フラれて不運だとか、そういう問題ではないのです。

OKかNGかの選択

期待する男が悪い!最初は女が冷たくて当たり前!

今回の話で一番お伝えしたいのはこれです。

「最初は女性に期待しないこと」

知り合ったばかりの時、女性の好感度は大抵高くはありません。(一部のイケメン男性は別として)

つまり、女性は最初こちらに優しくしてはくれません。

しかし、モテない男性ほど・・最初から女性に優しさを求めてしまいます。

「もっと楽しそうに笑ってほしい」

「もっとメールを返してほしい」

「誘ったらデートに応じてほしい」

これが叶わないと「脈なし」と判断して、サッサと諦めてしまいます。

だからモテないんです。

女性からすれば、これは勝手としか感じないのです。

「まだ興味もない男にどうしてそこまでしてあげなくちゃいけないわけ?」

これが女性の本音です。

そして、求めれば求めるほど嫌われます。

だから、最初は求めてはいけません。

最初は、女性が冷たくて当たり前なのです。

アッカンベーとしながら冷たい表情の女

女性からモテるためには、

「好感度を上げること」

そして、

「好感度が低いうちは期待しないこと」

これを忘れないようにしてください。

恋愛をする人間の心は正しいものとも美しいものとも限らない

TENN氏の遺書を公開したのは、その弟さんでした。

あまりの内容に憤慨されて公開されたのでしょう。

ただ、これは勘ですが・・

TENN氏はこうなることを予測して、あの遺書を残されたような気がします。

あの遺書は、妻である上原多香子さんに対する復讐の意味もあったような気がします。

ただ、私はこう思います。

そういうところが・・上原多香子さんから嫌われてしまった原因ではないか、と。

亡くなられた方を悪く言うつもりは一切ありませんが、あの遺書は本来女性が書きそうな内容です。

男性が書くべき内容としては少し違和感があります。

TENN氏は被害者です、そこを否定するつもりはありません。

ただ、恋愛メカニズムの観点から考えると・・

これは起こるべくして起こってしまったことだと思います。

恋愛は必ずしも美しいものとは限らないからです。

天使と悪魔

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする