恋愛講座「いい人が遊び人モテ男ことを制圧する技術」

女がデートに応じない6つの理由から女の本音を知る

こんにちは、野原すすむです。

今回は、

女がデートに応じない6つの理由とその本音

について説明します。

女がデートに来てくれないと何も始まらない

「意中の女性がデートに応じてくれない(会ってくれない)」

恋愛の悩みの一発目は大抵これですよね。

デートに来てくれなければ、仲良くなることも口説くことも付き合うこともできません。

まずは女性がこちらの誘いに応じてくれるようにしなければいけません。

そこで今回は、女がデートに応じない時はどういう理由からなのかを挙げてみます。

それには6つの理由があります。

女がデートを断る理由①「あなたに興味がない」

デートの誘いを断られると、男性は「忙しいのかな?」とか「体調が悪いのかな?」などと思いがちです。

しかし、残念なことに大抵の場合は「あなたに興味がないから」という冷たい理由で断られてるのがほとんどです。

あなたに興味や好意を持っていたら、女性は基本的にデートに応じようとします。

もし断ってくるにしても「この日だったらOKなんだけど」という風に代替案を出してくれます。

そういった提案もなくただ普通に断られた場合は、女性に興味を持たれていないと素直に受け取った方がいいです。

つい希望的観測をしがちですが、誤解してその後もしつこく誘うと「興味がない」→「うっとうしい」まで格下げされて、完全に打つ手がなくなります。

デートを断られても現実を冷静に受け止めることが大事です。

女がデートを断る理由②「デートプランに魅力がない」

次に多いのが、男性が提案してきたデートプランに魅力を感じられずイマイチ乗り気になれないという理由です。

例えば、お酒が飲めない女性に「飲みに行こう」と誘ったり、初デートなのに「ラーメンでいい?」と言ってしまったりというものです。

これは女性と恋人関係になってからでも重要なことで、彼女にとって魅力的でないデートプランばかり提案していると彼女の熱も冷めていきます。

たとえ恋人同士であっても、自分の行きたいところばかりを提案するのではなく、彼女が行きたそうなところへも行ってあげるのは当然のことです。

そして、恋人関係でない場合は自分の行きたいところを提案するのはオススメできません。

できればその女性が行きたそうな場所を提案してあげるべきです。

女がデートを断る理由③「あなた以上に気になっている男がいる」

多くの女性は基本的に一途です。

そのため、気になっている男性が今いるかどうかでもデートに誘える確率は大きく変わってきます。

女性は「自分の中のNo.1男性」が存在していると、その他の男性はどうでもよくなります。

一番わかりやすいのが彼氏です。

彼氏持ちの女性はそうそうデートには応じてくれません。

この場合「待つ」以外に有効な手はなく、下手に強引に誘うと二度と連絡が取れなくなる恐れがあります。

女がデートを断る理由④「体調が悪い(例:生理痛)」

当然ながら体調不良を理由に断られる場合もあります。

女性は男性と違って月イチのレディースデーもありますし、症状が重い人は相当なものですから。

ただ、この場合はいかにも申し訳なさそうに断ってきたり、「治ったらお願いします」的な言葉があったりと、こちらに対する気遣いがあります。

問題は、体調不良を言い訳にしている場合です。

その場合は「今体調が悪くて・・」などと端的に断ってきます。

そういう時は女性の本心を察してあげましょう。

女がデートを断る理由⑤「忙しくてデートどころじゃない」

あまりないパターンですが、仕事が多忙な女性や、休日に予定を入れまくる女性の場合は、単純に忙しいことを理由に断ってくることもあります。

こういう時に「なんとか時間を作ってくれ」と頼むのは絶対にダメです。

忙しいと言ってる女性の都合を無視すると嫌われるだけです。

そもそも、忙しいと言い訳してるだけの場合も結局は応じてくれないことに変わりはありません。

こう言われた時は、とりあえず時間を置くことをオススメします。

女がデートを断る理由⑥「恋愛モードに入っていない」

実は、この理由で断られている時が最も厄介です。

女性は基本的に恋愛体質なので、恋人がいない時は常に恋人を欲していることが多いです。

しかし、そんな中でも恋愛にあまり興味がない女性や、はたまた失恋したばかりなので当分恋愛はしたくないと思っている女性がいます。

この場合、その女性が恋愛したい気分・・つまり「恋愛モード」に入るのを待つしかありません。

その女性にとってピンポイントの魅力を与えられる男性ならまだしも、そうでない男性は無理に動くと返って嫌われることになります。

恋愛モードに入っていない女性はそれだけ難易度が高いのです。

また、このパターンで断られていたとしても、これが理由だとは当然女性は明かしません。

そのため、断られた理由が最もわかりにくく、そういう意味でも厄介なのです。

ですから、上記①〜⑤の理由に当てはまりそうにない場合はこの理由が原因と考えてもいいでしょう。

デートに来るか否かで女の本音がわかる

当たり前のことですが、女性がデートに応じるかどうかでその女性の本音を計り知ることができます。

女性はこちらに心を開くまではあまり本音を言いたがりません。

また「女は女優」という言葉のとおり、女性は見せかけの演技や態度を取り繕うのが得意です。

さらに、男性は女性と違って勘が鈍い生き物なので、女性の言葉や表情などから本音を読み取るのが苦手です。

しかし、女性も行動には嘘がつけません。

デートに来るかどうかは、女性が行動するかどうかです。

ここに演技はなく、女の本音が出ます。

簡単に言えば、デートに来るようなら可能性アリ、来ないようなら可能性ナシです。

そのため、デートの誘い方も重要です。

これについては別の記事で紹介します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする