真面目美女から愛されるための出会い・トーク・口説き方を無料プレゼント中!

肩書き「学歴(大学)」「職業(会社)」をアピールして女性にモテる会話テクニック

肩書き「学歴(大学)」「職業(会社)」をアピールして女性にモテる会話テクニックの記事アイキャッチ




奥手とまる君
(いい人だけどモテない)

学歴や職業を女性にアピールする方法ってある?

ストレートに「◯◯大学卒」とか「◯◯に勤めてる」なんて言ったら自慢してるみたいだし・・

野原すすむ
(いい人だけどモテる)

学歴や職業は上手にアピールしないと逆効果になってしまいますからね

もっとも、学歴や職業をアピールしたくても「嫌味や自慢になりそうだから言えない」という男性も多いですが・・

奥手とまる君
(いい人だけどモテない)

逆効果になるってどういうこと?

高学歴や大企業社員といった肩書きはプラスにしかならない気がするんだけど?

野原すすむ
(いい人だけどモテる)

高学歴や大企業の社員なのにモテない男性がたくさんいるのがその証拠です

せっかくの肩書きを上手に活かせていないんです

【高学歴や大企業をアピールしてもモテない4つの原因はコチラ ↓】

高学歴や大企業をアピールしてもモテない4つの原因①隙がない②真面目で堅い③頭が悪い④自慢男でウザいの記事アイキャッチ

高学歴や大企業をアピールしてもモテない4つの原因①隙がない②真面目で堅い③頭が悪い④自慢男でウザい

奥手とまる君
(いい人だけどモテない)

じゃあ、学歴や職業をどうやってアピールしたら女性にモテるの?

野原すすむ
(いい人だけどモテる)

上手にアピールする会話テクニックがあるので紹介しますね!

では「学歴(大学)や職業(会社)などの肩書きをアピールして女性にモテる会話テクニック」について詳しく解説します!

肩書き「学歴(大学)」「職業(会社)」を女性にアピールできない男性

恋愛では、肩書き(学歴や職業)も武器になります。

女性にはあまり武器になりませんが、男性には大きな武器です。

ただ、この武器を活かせていない男性が非常に多いです。

「大学名や会社名を言ったら自慢や嫌味と思われそうだから言えない」

「大学名や会社名を言って寄ってくる女はどうせロクなもんじゃないから言いたくない」

「大学名や会社名をどうやって伝えたらいいかわからない」

こういった理由から、学歴や職業を言わない(伝えない)男性がたくさんいます。

しかし、肩書きは武器の一つなので、使えるものは何でも使うべきです。

意地を張ってカッコつけてモテないよりは、活かしてモテる人生の方がはるかに楽しいからです。

大学名や会社名などの肩書きに寄ってくる女は性格が悪い?

「肩書きで寄ってくる女は性格が悪いから嫌だ」という男性も多いですが、これは大きな誤解です。

大学名や会社名などの肩書きだけで男性を好きになる女性はほとんどいないからです。

それだけでモテるなら、有名大学卒の男性や有名企業の男性社員は全員モテていることになります。
(実際にはモテていない)

❌  肩書きが優れている男性を好きになる

⭕️  肩書きが優れている男性に興味を持つ

つまり、肩書きが優れている男性は「恋愛できるかどうかのスタートラインに立てる」というだけの話です。

そこから女性を惚れさせて恋愛関係まで持っていくのは、肩書きの力ではありません。

そのため、肩書きに興味を持つ女性は性格が悪いわけではありません。

女性が男性にある程度の生活力(経済力)を求めるのは当たり前なので、肩書きに興味を持つのは自然なことです。

それを醜いと思う男性は、女性のことがわかっていないだけです。

肩書きで女性から興味を持たれる男性は、それを「ありがたい」と思うべき
(スタートラインに立てるだけでも有利)

ただ、男性の肩書き(金)にしか興味がない港区女子のような女性もいるので、そこには気をつけてください。

【港区女子の特徴(正体)はコチラ ↓】

港区女子とは付き合うな(特徴)の記事アイキャッチ

【美人でも港区女子とは付き合うな!】特徴(①性格悪い②勘違い③マウント④ヤバイ⑤クズ⑥痛い)と末路(離婚orパパ活)

肩書き「学歴(大学)」「職業(会社)」をアピールして女性にモテる会話テクニック

学歴や職業を上手にアピールできれば、女性にモテる確率はかなり上がります。

しかし、アピールが下手なために逆効果になってしまっている男性もたくさんいます。

【学歴や職業が逆効果になってしまうケースはコチラ ↓】

高学歴や大企業をアピールしてもモテない4つの原因①隙がない②真面目で堅い③頭が悪い④自慢男でウザいの記事アイキャッチ

高学歴や大企業をアピールしてもモテない4つの原因①隙がない②真面目で堅い③頭が悪い④自慢男でウザい

こうならないために、効果的なアピール方法を解説します。

肩書き「学歴(大学)」「職業(会社)」をアピールして女性にモテる会話テクニック
  1. 学歴や職業は最初に伝える
  2. 伝えた後はもう話題にしない
  3. くだらない・自虐・バカな話を中心に会話する
  4. たまに真面目な話を入れる

これは順序が大切なので、必ずこの順番どおりに実施してください。

会話テクニック ①:学歴や職業は最初に伝える

まず、武器となる学歴や職業は最初に伝えてください。

後から伝えた方が効果的だと教える人もいますが、実は最初の方が良い理由があります。

学歴や職業は最初に伝えた方が良い理由
  • 伝える機会を逃して「言えずに終わった」というパターンを回避するため
    (こういう男性が非常に多い)
  • 後の会話でギャップを与えやすくなるため
    (詳しくは後述)

「伝え方がわからない」という人が多いと思いますので、簡単な方法を紹介します。

学歴や職業の伝え方

【大学名を伝えたい場合】

大学時代につながる話を持ちかける
例)
「コロナのせいで最近の大学生はかわいそうだよな、俺の頃は・・」
「大学は県外?家から通ってた?俺は・・」
「◯◯市は大学時代に住んでいたから詳しいよ」

【会社名を伝えたい場合】

仕事の話の流れで伝える
例)
「こういう仕事なんだけど、◯◯(会社名)っていえばイメージつく?」
「どこでもドアができたらつぶれる会社・・つまり◯◯(鉄道会社)」
「一応公務員かな、◯庁なので」

女性との出会いは面接の自己紹介と同じなので、肩書きを伝えることは何も悪いことじゃない

会話テクニック ②:伝えた後はもう話題にしない

学歴や職業を女性に一度伝えたら、もう話題にしないことです。

1回でも伝えたら、女性の頭の中にはもうインプットされています。

学歴や職業など具体的な情報は忘れにくいので、女性は以降ずっと覚えています。

女性

へー、きっと優秀な人なんだろうなあ

その条件ならとりあえずアリかも

こんな風に女性が思ったら、もうそれで十分です。

そこからダラダラと大学や会社の話を続けると・・マイナスされます。

女性

そんなに偏差値高かったんだね

難しい仕事をしてるんだね

頭良いんだね、すごいね

・・こういう社交辞令で冷たく返されるだけです。

内心はウザいと思って呆れてますので、話を続けたところで得られるのは自分の自己満足感だけです。

アピールしたい気持ちはわかりますが、モテたいなら我慢しましょう。

目的は「自分が気持ち良くなること」ではなく「女性から好かれて恋愛関係になること」

会話テクニック ③:くだらない・自虐・バカな話を中心に会話する

高学歴や大企業という武器があるのにモテない男性に必ず共通しているのは、会話がつまらないという点です。

難しくて高尚な話が女性にウケると思っている男性もいますが、恋愛においては完全な誤解です。

男性には難しい話を好む人も多いですが、女性は基本的に難しい話を好まないからです。

そのため、あえてくだらなくて自虐的でバカな話をした方が女性にはウケます。

奥手とまる君
(いい人だけどモテない)

そんな話をしたら、女性からバカにされるんじゃないか?

野原すすむ
(いい人だけどモテる)

その心配は無用です

なぜなら、学歴や職業が優秀であることを先に伝えてあるからです

ここで前述した「①:学歴や職業は最初に伝える」が活きます。

女性

さっきから緩くてバカな話ばかりしてるけど、この人って本当は優秀なんだよね

あえてこういう話をしてくれてるのかな?

男性がどれだけバカな話をしようと、女性の頭にインプットされた「この人は学歴や職業が優秀」という事実は覆りません。

バカを演出しても「この人は優秀」という思考に引き戻されます。

つまり、バカにされることなく親しみを演出できるという効果があります。

くだらない・自虐・バカな話をすることで・・
  • 隙を感じる(親しみやすさを感じる)
  • ギャップを感じる(優秀なのにお堅くない)

このように、優秀な男性がバカ話をすると良いことづくめなんです。

これは学歴や職業が武器になる人にしか使えない方法なので、優秀な男性ほど使ってほしい技術

会話テクニック ④:たまに真面目な話を入れる

学歴や職業が優秀であることを伝えた以上は、自分自身も優秀であることをどこかで裏付けないといけません。

そのため、多くの男性がわざわざ真面目で難しい話を女性にしてしまい、そして失敗しています。

「真面目で難しい話は絶対にするな」という意味ではなく、程度問題なんです。

・優秀なのにモテない男性:真面目で難しい話ばかりする

・優秀でモテる男性:真面目で難しい話もたまにする

比率としては、「真面目で難しい話:くだらないバカ話 = 1:9 」が理想です。

つまり、基本は緩くてバカな話で良いんです。

優秀な男性ほどバカ話を身に付けるべき

肩書き(学歴・職業)が優れている男性は恋愛でも有利

優秀な男性ほど「他に話すことがないから」とか「真面目な話をしたいから」という理由で、真面目で難しい話ばかりを女性にしてしまっています。

仕事ならそれで良いですが、残念ながら恋愛では逆効果です。

好条件の男性ほどバカを演出した方が良いんです。

これは低学歴や中小企業勤めの男性には使えない技術だからです。
(本当にバカだと思われてしまう恐れがある)

せっかくの肩書きを埋もれさせるのは非常に惜しいので、肩書きを得た苦労に見合った成果を手に入れてください。

まとめ(結論)

恋愛では肩書き(学歴や職業)も武器になるのでアピールした方が良い

肩書きに興味を持つ女性を嫌う必要はない(それが普通、肩書きだけで好きになるわけじゃない)

肩書き「学歴(大学)」「職業(会社)」をアピールして女性にモテる会話テクニック
 ①:学歴や職業は最初に伝える(忘れ防止と後でギャップを与えるため)
 ②:伝えた後はもう話題にしない(女性の頭にはインプットされている)
 ③:くだらない・自虐・バカな話を中心に会話する(優秀であることは伝わってるのでバカにされない)
 ④:たまに真面目な話を入れる(会話全体の1割で十分)

肩書き(学歴・職業)が優れている男性は恋愛で有利なので、上手にアピールすること

野原すすむ
(いい人だけどモテる)

最後まで読んでくださってありがとうございました!

女性から好かれる会話(バカ話)は、野原すすむの恋愛メルマガの中でセリフや具体例を紹介していますので参考にしてみてください



▼今すぐ真面目で美人の彼女が欲しい人はこちら▼

「50代で20代の女性と付き合えるようになりました!」

「このメルマガがきっかけで童貞卒業できました!」

「30歳で生まれて初めて女性から告白されました!」

「18歳年下の彼女と結婚することができました!」

そんな声を多数いただいているメール講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。