無料プレゼント(期間限定)

因縁の決着!過去にフラれた女性を見返す!(恋愛日記その47)

因縁の決着!過去にフラれた女性を見返す!(恋愛日記その47)の記事アイキャッチ

野原すすむ

その46に引き続き・・私が全くモテなかった頃に付けていた恋愛活動の日記を紹介します

年収1000万超えのエリート女性を口説いた成功事例!(恋愛日記その46)の記事アイキャッチ

年収1000万超えのエリート女性を口説いた成功事例!(恋愛日記その46)

奥手とまる君

今回は「因縁の決着」と言ってましたね

かつて自分を振った女性にリベンジ!ってところですか?

野原すすむ

リベンジ・・だったんでしょうね・・

でも、そんな気持ちで恋愛するもんじゃありませんでした・・

【投稿119回目】自分を振った女性を振り向かせることに成功!(出会い系サイト・37歳・病院受付)※27人目

投稿日:2018年7月10日

タイトル:因縁の女性をついに落とす!

自分の恋愛人生は「悲惨」の一言で片付けられる。

若い頃から女性に嫌われ続け、やっと結婚できたと思ったら妻からも嫌われて、家庭裁判を起こされた挙句に離婚。

家庭を失って抜け殻状態だった頃、出会い系サイトで一人の女性に出会った。

彼女は人妻だったが、自分と同じように結婚生活で苦しむ女性だった。

離婚や裁判の苦しみを話すことができた唯一の女性で、自分はすぐに彼女のことが好きになった。

だが、彼女はその想いには応えてくれなかった。

それどころか、彼女は既婚者の遊び人男性の性奴隷になっていた。

それがあまりにもショックで、何より悔しかった。

【野原すすむの過去⑥】遊び人に女を取られた失恋がきっかけでモテる男を目指すことにの記事アイキャッチ

【野原すすむの過去⑥】遊び人に女を取られた失恋がきっかけになる

そして自分は、39歳にして恋愛塾というものに入った。

それからは、狂ったように恋愛ノウハウを実践し続ける日々を過ごした。

来る日も来る日も女性を口説いた結果、2年半で26人の女性が自分を好きになってくれた。

27人目の女性は、こんな異常者を生み出してくれたその彼女である。

過去の自分へのコメント

詩人みたいなことを書いて、どこか自分に酔ってるんじゃないか?

過去の自分とはいえ恥ずかしい・・

過去にフラれている苦手意識とトラウマ

その彼女(Mさん)とは、この2年半の間に一度だけ会ったことがある。

その時の自分は何もできなかった。

過去にフラれているためか、苦手意識とトラウマがあったからである。

ただ、その後もLINEだけは定期的に送り合っていた。

MさんはLINEが好きな女性なので、送れば返してくれる。

Mさんに対する恋愛感情はすでになかったが、リベンジしたい気持ちだけは残っていた。

恋愛でモテる実績と自信がついたら、もう一度挑むつもりだった。

そんな中、先月にMさんから「お茶しよう」との誘いが入った。

向こうから誘ってくるのは珍しい・・何か嫌なことがあったのかもしれない。

いよいよチャンスが来たと感じて、先日Mさんに会ってきた。

過去の自分へのコメント

Mさんをどうしたいのか、自分でもよくわからなかった

好きでもない、そこまで落としたいわけでもない、恨んでもいない、一緒にいても楽しいわけでもない・・そんな気持ちだった

美人に見えた女性はもう普通の女性にしか見えなかった

約1年ぶりに会ったMさんは、以前よりも少し老けて見えた。

41歳の自分よりも4つ下のMさんはすでに37歳・・無理もない。

3年前の自分には美人に見えたが、もはや普通の女性にしか見えなかった。

社長秘書や雑誌モデルをしている美人や女子大生と付き合ってきたせいか、もう目が肥えてしまっていた。

1年前には感じた苦手意識やトラウマも消えており、何の感情も湧かないくらいになっていた。

過去の自分へのコメント

老けたのは自分も同じだと思うが・・

ただ、目が肥えすぎてしまったのは事実

女性の悩みは3年前と何も変わっていなかった

それでも習慣というものは恐ろしく、会うといつも通りのパターンで会話してしまう自分がいた。

もはや自己開示は必要ないが、会話力は以前と比べものにならない。

少し話しただけで、Mさんはすぐに悩みを話し始めた。

Mさん

親から怒られる毎日が嫌だから、親から離れたい・・

・・なんだ、またその話か。

Mさんの家庭事情
  • 旦那と結婚して何年も経つのに、いつまでたっても子供ができないことを親から責められている
    (夜の営みが一切ないんだから当たり前)
  • 旦那と住んでるマンションは親が買ってくれたものなのに、返済する経済力や甲斐性がないことを親から責められている
    (実際は親ローン)
  • 旦那とMさんの安月給では二人で生活していくだけで手一杯で、それがストレスになっている
    (旦那を嫌っている理由の一つ)
  • 実際はMさんの浪費癖が原因で、旦那はただの引きこもり
    (Mさんは気に入った服を見つけるとすぐに買ってしまう癖がある)
  • 親も旦那も好きになれず、だから出会い系サイトで不倫相手を探してしまう
    (遊ばれて捨てられるだけ)

3年前に何度も聞かされた話である。

3年前から何も進歩してないんだな。

こうして整理してみると、ロクな女じゃないな。

なぜ自分はこんな女を好きだったんだろう・・

3年前の自分を殴ってやりたくなる。

過去の自分へのコメント

こういう夫婦や家庭は何も珍しくないので、そんなに悪く思うことではない

やはりMさんを恨む気持ちがどこかにあったんだと思う

女性はただ聞いてほしいだけ(意見はいらない)

Mさんには前向きな意見やアドバイスは逆効果でしかない。

Mさんは「ただ聞いてほしい」だけである。

現状を変える気のない人間にアドバイスをすると、かえって嫌われる。

人間の心理を散々学んだ自分は、もうそんな初歩的な失敗はしない。

そのため、Mさんの話は「聞く」「相槌」「共感」「広げる」・・それだけでよかった。

1時間以上聞いたところで、Mさんからサインが出た。

Mさん

なんか楽しいことないかな・・

気晴らしになることが全然ないから・・

・・これも以前からよく言ってたセリフだった。

聞き流していた以前の自分は、ただチャンスを逃していただけだろう。

野原すすむ

温泉でも行くか

空いてて広い穴場の温泉があるから連れてってやるよ

昼から会っていたので、温泉に行く時間は十分にあった。

Mさん

温泉か・・全然行ってないなあ

気晴らしになるかな・・

Mさんは素直に「はい」と言うタイプではないので、こういう返しが来るのはわかっていた。

ただ、これは「行きたい」に変換できる。

野原すすむ

気分変わるぞ!

ほら、今から行くぞ!

押しに弱いMさんを説得して、そのまま温泉へ向かった。

過去の自分へのコメント

経験を積んできた自分には、女性の言動の裏側にある本音すら見えるようになっていた

これまで関わってきた女性に比べれば、Mさんは読みやすい単純な女性に過ぎなかった

温泉は女性の気分を変えるのに有効

これまでも女性を口説く時は温泉をよく利用してきた。

温泉には気分を高揚させてくれる効果だけでなく、一度裸になることで開放的な気持ちになる効果もあるらしい。

実際に、温泉に誘ってから失敗した例は一度もなかった。

しかも、そこは本当にオススメの温泉で、いつ行っても空いてるのが良いところだった。

案の定、温泉から出た後のMさんの表情は明るかった。

Mさん

気持ちよかった!

ホント空いてて良いとこだよね

・・気持ちよくなるのはこれからです。

過去の自分へのコメント

温泉は本当にオススメなので、デート先に困った時は連れていくと良い

ただ、混んでる温泉だと逆にストレスを与えてしまうので、穴場の温泉スポットは探しておいた方が良い

車の中で口説いてホテルへ

もう条件は揃ったので、あとは既成事実を作るだけ。

軽くドライブをして、休憩がてら停めた場所で踏み込むことにした。

Mさんとは3年前にキスまでしているが、あまりにも過去の話なのでハードルの低いところから始めた方が良い。

車中で少しずつ、手・肩・腰の順で触れていき、拒否は軽く流した。

Mさん

そういうつもりで来たんじゃないんだけど・・

・・簡単に不倫する女がよく言うよ。

強引さに弱いことはもうわかっている、この程度の拒否は儀式なんだろ。

Mさん

だって好きじゃないんでしょ?

・・好きだと言ったら許すわけじゃないだろうに。

君の性質はよくわかっている、性行為した相手じゃないと好きになれない女だということを。

それに、こんな拒否は何度も何度も経験してきたので、返し方もよくわかっている。

Mさんの拒否をかわしながら続けて、そのままホテルへ連れて行った。

そこまで強引なことはしていないので、本当に嫌だったら拒否できたはず。

拒否できない状態にして口説くのが、この2年半で見つけた自分のやり方である。

過去の自分へのコメント

これが強引に見える人は、恋愛経験が少ない人である

ホテルに行くことを女性が堂々と了承するわけがない

女性はそういう生き物である

自分に自信がないネガティブな女性は相手に好意を見せられない

関係を持った後も、Mさんの様子に変化は見られなかった。

好きと言ってくるわけでもなく、こちらを好きな様子を見せるわけでもない。

Mさんはとにかくネガティブで自分に自信がない女性なので、そういう女性は相手に堂々と好意を示すことができないのだろう。

解散した後のLINEもこれまでと同じようなものだった。

Mさん

今日はありがとう!

温泉すっごくよかった!

また誘ってね

このくらいのLINEなら3年前も送ってくれていた。

3年前はそのLINEが嬉しくて、期待に胸を膨らませていた。

でも今は「彼女を今後どう扱おうか」としか思わなかった。

過去の自分へのコメント

おそらくMさんは、どんなに好きな男性にも好意を見せることはしないはず

そして、そういう女性は多い

「女性が好意を見せてくれることに期待していても仕方ない」という意味である

くだらない承認欲求のために性行為をした事実が欲しかった

3年前にMさんを奪っていった既婚者男性は、その後Mさんをセックスフレンド扱いしていた。

当時の自分には衝撃的な事実で、あらゆる意味でその男性のことを「すごい」と思っていた。

しかし、それは簡単なことだった。

かといって、Mさんをセックスフレンドにする気は全くない。

こんなことをしといて今さら綺麗事を言っても仕方ないが、自分はMさんと性行為がしたかったわけじゃない。

自分はMさんに「認めてもらいたかった」

しかし、Mさんの言葉や態度は3年前とほとんど変わっていない。

「以前とは変わったね」なんて言うはずもない。

だから「Mさんと性行為をした」という事実が、自分は欲しかったんだと思う。

性行為を受け入れてくれることが、自分を認めてくれた証になると思っていたからである。

ただ、Mさんはそういう女性じゃない・・「性行為=認めた」ことにはならないだろう。

自分のしたことは何の意味もなかったのかもしれない。

過去の自分へのコメント

女性が性行為を受け入れてくれたことで「自分が認められた」と考える男性は多い

ただ、性行為を受け入れるハードルの高さは、女性によって個人差が大きい

要は「簡単にセックスをする女性もいる」ということである

【投稿120回目】復讐と自己満足の恋愛は虚しいだけだった

投稿日:2018年7月16日

タイトル:自分のしたことは復讐と不倫に過ぎなかった

前回の日記で、因縁の女性Mさんを落とした話を書いた。

あれから色々考えて、自分の気持ちが整理できてきた。

「自分はMさんに認めてもらいたかった」と書いたが、それは嘘である。

意識低い系の自分に承認欲求なんて存在しない。

自分はただ「カッコつけただけ」

本当のところは、ただの復讐心だったと思う。

過去の自分へのコメント

Mさんを狙う目的を正当化したかっただけだと思う

昔から競争意識や野心がない自分に承認欲求なんてあるわけがない

落とし前をつけたかっただけである

どれだけ正当化しても自分のしたことは「不倫」

自分はこれまで付き合ってきた女性に好意や情を持っていた。

ゲス男のような生活をしながらも、目の前の女性のことはちゃんと好きだった。

でも、Mさんには好意も情も感じない。

性行為をする前も、性行為をした後も、Mさんのことは好きじゃない。

Mさんの汚い部分を見すぎたからだと思う。

それなのに狙った・・復讐のつもりで。

でも、Mさんと性行為したからといって復讐にはならない。

所詮はただの自己満足だった。

しかも、その自己満足すら得られなかった。

何より、どんなに正当化しようがこれは「不倫」である。

人妻に手を出したという事実は変わらない。

もう忘れて放っておくべきだった。

過去の自分へのコメント

いかにMさんが軽い女性だったとしても不倫は不倫である

3年前に軽蔑した既婚者男性と自分は同じことをした

Mさんとはもう関わるべきじゃなかった

女性が不倫をする原因は男性にある

Mさんは今回も自分の旦那には1ミリの罪悪感も感じていないはず。

自分も同罪なので軽蔑することはできない。

それに・・人間は本来そういう生き物なのかもしれない。

人間の恋愛感情は、いつも正しいものや美しいものに向かっているわけじゃない。

「恋愛によって寂しさを埋めたい」

「ずっと満たされてたい」

「それが叶わなくなったら、叶えてくれる相手が欲しい」

「叶えてくれない相手が悪い」

「義理で恋愛なんかできないし満たされない」

Mさんは、ただ寂しかっただけなんだと思う。

自分を常に満たしてくれる相手さえいれば、不倫なんてしないはず。

男性は基本的に浮気を望む生き物だが、女性はそうでもない。

女性の心を満たせない男性が多いから、不倫に走る女性が現れる。

男性はもっと恋愛について学ぶべきなのかもしれない。

過去の自分へのコメント

男性から批判されそうな考え方だが、これは紛れもない事実である

恋愛の成否は男性にかかっている

この事実を受け入れられない男性は永久にモテない

まとめ:過去の失恋に決着

奥手とまる君

色々と思うところもあったみたいですが、とりあえず過去の因縁は払拭できたんじゃないですか?

野原すすむ

そうですね・・ただ、そのためにMさんを利用したのも確かです

奥手とまる君

Mさんとはその後も会ったんですか?

野原すすむ

その後2回会いましたが、カフェで話をしただけですね

今はもう会っていません

奥手とまる君

でも、野原くんが変わるきっかけをくれた女性には変わりないので、今思えば良い出会いだったんじゃないですか?

野原すすむ

はい、自分もそう思っています

だから次回からはこれまでどおり恋愛活動をしています

女性美容師の成功事例!3B男子とは?(恋愛日記その48)の記事アイキャッチ

女性美容師の成功事例!3B男子とは?(恋愛日記その48)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。