恋愛講座「いい人が遊び人モテ男ことを制圧する技術」

乙武洋匡が複数の愛人と不倫してモテる理由

乙武洋匡と奥さん

こんにちは、野原すすむです。

今回は、

乙武洋匡がなぜモテるのか?

について話をします。

障害者で成功した代表例でもある乙武洋匡氏

乙武洋匡さんをご存知でしょうか?

最近ではバラエティ番組などでたまに見かけますよね。

先天性四肢切断という障害をお持ちの方で、両腕と両脚がありません。

だから、いつも車椅子です。

それでも、早稲田大学を卒業するほど優秀な人で、しかも文才までありました。

障害者としての体験を綴った「五体不満足」という書籍はベストセラーになりました。

乙武洋匡著五体不満足

「障害は不便です。でも不幸ではありません」

このキャッチコピーも有名になって、一躍時の人となりました。

それが元で、キャスターやコメンテーターとしてテレビ出演するようになりました。

その傍らで、スポーツライターや教員としても活動され、障害者で成功した代表例的存在になりました。

私生活でもちゃんと結婚されていて、お子さんもいらっしゃいます。

奥さんは大学時代の同級生で、不自由な身体である乙武さんを様々な面でサポートしてくれる良妻だったと聞いています。

そんな乙武洋匡氏に・・5人の愛人がいた

そんな乙武さんが、2016年に世間を仰天させました。

なんと・・愛人がいたのです。

わかっているだけでも5人いたそうです。

しかも、写真で見る限り皆美人です。

乙武洋匡を不倫していた愛人たち

当然、世間からは大バッシングを受けました。

「障害者の自分を支えてくれている奥さんを裏切るとは何事だ」

「これまで聖人ぶって偉そうなことを言ってたくせに全部偽善だったのか」

世間は美談が好きで、こういった醜聞を嫌いますからね。

乙武さんの名声は地に堕ちてしまい、社会からもほぼ抹殺される形になってしまいました。

おそらく将来は政治家あたりを目指していたと思われますが、さすがにもう難しい気がします。

乙武洋匡が世間から大バッシング

また、この不倫が原因かどうかわかりませんが、奥さんとも離婚することになってしまったそうです。

まあこれだけ世間を賑わせてしまったので、もう一緒にはいられなかったのかもしれません。

両腕両脚がなくてもモテる自信がありますか?

私が着目したいのは、

複数の愛人をこしらえていた乙武さんの倫理観でもなければ道徳性でもありません。

確かに褒められた行いではなかったかもしれませんが、まあ男として気持ちはわからなくはありません。

それに、今の世で不倫なんてザラです。

乙武さんはたまたま有名人だったので世間から責められる形になりましたが、一般人でもっとひどい行いをしている人はいくらでもいます。

まあそれでも5人はちょっと多い気はしますが・・

私が着目したいのはココです。

「なんでそんなにモテるわけ!?」

差別発言をするつもりは一切ありませんが、乙武さんには両腕と両脚がありません。

そんなハンデがありながらも若くて美人の愛人を何人も作っていたわけです。

・・すごくないですか?

まあ尊敬はできませんが・・

もしあなたなら、同じことができますか?

両腕と両脚がない状態で複数の愛人が作れますか?

・・無理ですよね?

私でもちょっと自信ないです。

乙武洋匡氏がモテる理由は「会話が上手い」としか考えられない

確かに乙武氏は有名な著名人でした。

お金や名声もあったでしょうから、それが武器となってモテていた部分もあったと思います。

でも、両腕と両脚がないというのはやはり大きいと思います。

女性も恋人とは普通のデートがしたいでしょうし、男性に両腕で抱き締められたいと思っていますし、普通の性行為がしたいとも思っているはずです。

にもかかわらず、愛人たちは乙武さんを選んだのです。

3人の中から1人を指名する

その理由はなんだと思いますか?

もうコレしか考えられないんです。

「会話が上手い」

乙武さんが得意とするのは、頭の良さとその弁舌です。

私もよくテレビで観ましたが、すごく上手に話をされていました。

ですから、きっと女性との会話も上手かったはずです。

会話力にはそのくらいの威力があるということです。

会話上手であれば、他のハンデは克服できてしまうということです。

「自分は顔に自信がないから女性にモテない」

「自分は身長が低いから女性にモテない」

「自分は太っているから女性にモテない」

「自分は大した仕事もしてないから女性にモテない」

「自分はもう若くないから女性にモテない」

・・コレ全部言い訳ですよ。

だって、両腕と両脚がない人が女性からモテているんですから。

言い訳してほしくないんです。

モテないことを外見や年齢のせいにしてほしくないんです。

そんなことで諦めてほしくないんです。

だって、会話力さえ身につければ女性からモテるんですから。

会話力は全てに勝る最強の武器

乙武氏を見習えなんてことを言うつもりは全くありません。

ただ、疑ってほしくないんです。

「会話力さえ身につければ女性からモテる」という事実を。

ここまで言っても、会話力だけで女性からモテることが信じられないかもしれません。

「結局は見た目だろ?」

「結局は経歴だろ?」

「結局は若さだろ?」

気持ちはわかります。

なぜなら、昔の私もそう思っていたからです。

自分がモテないことを顔や身長や仕事のせいばかりにしていました。

絶望に悩む男

「会話力を磨けばそれでもモテるぞ」

そう言われても信じられませんでした。

そんなに世の中は甘くないと思っていたからです。

しかし・・これは本当でした。

ダメ元で会話力を磨いていたら・・いつの間にかモテるようになっていたのです。

会話のイメージ

これにはビックリしました。

今までに見たことがない反応を女性から見ることができたからです。

ハンデがあるからこそ人はそれを克服しようと努力する

有名人は、それだけでモテるという恩恵を受けています。

その反面、リスクもあります。

物事には必ず表と裏があるからです。

乙武氏が会話上手なのは

「自分にはしゃべる以外の武器はない」

と思って、会話力を磨いたからなのかもしれません。

(元々上手かった可能性も高いですが)

・・別に、擁護しているわけじゃありませんが。

ただ、学べることもあるということです。

私も、会話力を磨くことで自分のハンデを覆してきました。

見た目が良くない、

若くない、

条件も悪い、

こういうハンデがあったからこそ会話力を身に付けようと思いました。

誰しもハンデを背負って生きています。

しかし、ハンデがあるからこそ人は成長できます。

大事なのは、

「そのハンデに向き合うことができるか」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする