真面目美女から愛されるための出会い・トーク・口説き方を無料プレゼント中!

【女の口説き方】ボディタッチの仕方と拒否された時の切り返し方

女の手を自分の胸に当てる男

女から嫌われないボディタッチの方法について説明します。

ボディタッチの種類とその順番

ボディタッチの必要性とルールについては以下の記事を参考にしてください。

【女の口説き方】恋愛でモテるためのボディタッチの必要性とルール

ボディタッチはこの10種類で、大事なのは順番通りに実施していくことです。

ボディタッチ 心理障壁
① 肩を軽くこずく グレーゾーン
(意識しないレベル)
② 手を触る
③ 頭をポンポンする 友達ゾーン
(友達以上で行うレベル)
④ 手をつなぐ
⑤ 肩を抱く リスクゾーン
(拒否され始めるレベル)
⑥ 腰に手を回す
⑦ 後ろからハグする 恋人ゾーン
(恋人同士が行うレベル)
⑧ 前からハグする
⑨ キスする エロゾーン
(肉体関係レベル)
⑩ 胸を触る

では、これから一つずつ説明していきます。

ボディタッチ①「肩を軽くこずく」

心理障壁とリスクが最も低いのが「肩を軽くこずく」ことです。

女性の生身に直接触れる行為ではないため、女性から警戒されることも少ないです。

やり方としては、お笑い芸人のツッコミを想像してください。

「なに言ってんねん」と言って、相方の肩をバシッと叩くイメージです。

これをもっと優しくやってください。

お笑い芸人のツッコミは激しいので、その強さで行うと女性には強すぎます。

あまり強く叩きすぎると嫌われるどころか暴行扱いされてしまうので、十分に手加減してやってください。

入れるタイミングはこういう時です。

  • 女性が少し天然ボケしたことを言った時
  • 女性が可愛い仕草を見せた時
  • 逆に女性から突っ込まれた時

「ちょいちょい、俺の話聞いてたかあ?」

「おー、なんか今可愛かったなあ」

「おいおい、キツイこと言うなあ」

こういうセリフを入れながら軽くこずいてあげるイメージです。

無言でやると怖いので、必ずセリフを入れながらやるようにしてください。

あと、肩をベタベタと触るのはダメです。

気持ち悪がられてセクハラ扱いされる恐れがありますので、軽くサッと叩く程度にしておいてください。

そして、何度もしつこくやらないようにしてください。

ボディタッチ②「手を触る」

手を触るという行為によって、相手の体温を直に感じ合うことができます。

そのため、軽く手を触るだけでもお互いにドキドキするものです。

これは相手の生身に直接触れる行為に当たりますので、これを通しておくと後々関係を進めやすくなります。

やり方としては、女性に手を出させて、その手を軽くつかむというイメージです。

強く握ったり、ベタベタ触ったり、撫でたり・・はダメです。

軽くつかんで、そして数秒で離しましょう。

入れるタイミングとしては、女性に手を出させるようにこちらが仕向けた時です。

例えば、

「手相見てあげるよ」

「片手でできる護身術教えてあげるよ」

「なんか手ちっちゃくないか?」

などと言って、女性に手を差し出させて、それを口実に少し触れます。

たったこれだけでも十分な効果がありますので、ぜひやってみてください。

ボディタッチ③「頭をポンポンする」

女性は頭を撫でられたり、頭をポンポンされたりすると喜ぶことが多いです。

頭に手を置かれることで脳が刺激され、脳内物質が活発化されるという効果があるからです。

ただ・・これをやる時は注意が必要です。

当然ながら女性も相手を選ぶからです。

誰からされても嬉しい行為ではなく、全く気を許していない相手からされたら、女性はむしろ不快に感じます。

ですから、このボディタッチを入れる時は、女性とある程度親しくなってからにしてください。

やり方としては、手のひらで軽く2回ポンポンと叩いてあげる感じです。

強めに叩くのは当然ダメで、あと何回も叩くのもダメです。

軽めに2回・・それだけにしておいてください。

入れるタイミングはこういう時です。

  • 女性が何か可愛いことを言った時
  • 女性が天然ボケ発言した時
  • 女性が親切なことをしてくれた時

「なーんかそういうの可愛いなあ」

「おいおい、大丈夫かあ」

「おっ、サンキュー、偉い偉い」

こういうセリフを入れながら、女性の頭を軽く刺激してあげるイメージです。

ただ、頭を触られることに対して強い拒否反応を示す女性もいます。

「彼氏にも頭は触られたくはない」という女性もいるので、そこは注意が必要です。

髪型が崩れるとか、そもそも頭に手を置かれるのが嫌だとか、理由は様々です。

ですから、一度でも嫌がられたら二度とやらない方が無難な行為でもあります。

ボディタッチ④「手をつなぐ」

女性と手をつなぐ方法として、ここでは2種類紹介しておきます。

ちなみに、このボディタッチから女性に拒否される可能性が高くなってくるので注意が必要です。

1つ目の方法は、宣言してから手をつなぐです。

「手つなごうぜ」

「ちょっと手つなごうか」

「なんか手つなぎたくなってきた」

こういうセリフを先に言ってしまってから、半ば強引に手をつないでしまう方法です。

この場合、女性の了承を得る必要はありません。

女性が「はい」とは言いませんので、黙って手をつないでしまえばいいのです。

心配しなくても、どうしても嫌な場合は女性も拒否してきます。

そのため、女性からの拒否がなければ、そのまま手をつないでしまいましょう。

2つ目の方法は、無言でつないでしまうです。

これは、女性と一緒に歩いている時などに、無言で手を取ってそのままつないでしまうという方法です。

これはそれなりに男らしい行為でもありますので、無言で実行しても女性から怖いと思われてしまうリスクは低いです。

もちろん最初はビックリされますが、意外に女性は拒否してきませんので、恐れずに堂々とつないでいきましょう。

そして、女性から拒否された場合は「一度の拒否で引き下がらない」ことを心がけてください。

アッサリと引き下がってしまうような男性は、女性からモテません。

「え、ダメか?別にいいだろ」などと返しながら、もう一度だけチャレンジしてください。

女性も「とりあえず拒否しておこう」という気持ちで拒否している場合が多いのです。

そのため、一度の拒否で引き下がっていたら何も通らないのです。

ただし、二度拒否されたら・・おとなしく引き下がりましょう。

その場合は女性も本当に嫌がっている可能性が高いので、これ以上食い下がるべきではありません。

折を見て、また別の機会に挑戦しましょう。

そして、女性から拒否された場合は、絶対に怯まないようにしてください。

「あ、ごめん」

「え、怒った?」

「ごめんごめん、今の忘れて」

こういうことは絶対に言わないようにしてください。

女性からすれば「謝るくらいなら最初からするなよ」という気持ちだからです。

女性から拒否されても、怯んだり、ショックを受けた様子を見せたり、謝ったりする必要はありません。

「なんだ、ツレないなあ」

「ん?なんだダメなのか」

「おっ、ガード堅いねえ」

こういったセリフを笑顔で返せるくらいになってください。

ボディタッチ⑤「肩を抱く」

肩を抱くという行為によって、お互いの身体の距離は限りなく近づくことになります。

そのため、恋愛感情を刺激するのにとても有効な行為です。

さらにこれは、男らしさも演出できる行為でもあります。

やり方としては、一緒に歩いている時に女性の肩に手を回して引き寄せる感じです。

力を入れすぎず、あくまで自然な感じでスッと引き寄せるイメージです。

これもそれなりに男らしい行為でもありますので、無言で実行しても女性から怖いと思われてしまうリスクは低いです。

女性も一瞬ビクッとしますが、これを通しておくと女性との関係は深まりやすいです。

そして、これも女性から拒否された場合は「一度の拒否で引き下がらない」ことを心がけてください。

「なんだ?嫌なのか?」などと返しながら、もう一度だけチャレンジしてください。

ただし、二度拒否された場合はおとなしく引き下がって、別の機会にまた挑戦しましょう。

また、これも女性から拒否された場合は絶対に怯まないようにしてください。

「まだ嫌だったか、じゃあまた明日やるわ」などとオドけておいて、拒否されたことを気にしていない様子を女性に見せるようにしましょう。

拒否してしまった女性も気まずいわけですから「俺は全然気にしてないぞ」という態度を見せてあげると、女性も安心します。

女性はそういった余裕のある男性が好きなので、拒否された時は逆にチャンスだと思うようにしてください。

ボディタッチ⑥「腰に手を回す」

このあたりから、ボディタッチを入れることのリスクが高まってきます。

そのため、女性の好感度がまだ低いと感じる時は・・やらないようにしてください。

ただ、その中でも比較的まだ軽い行為が「腰に手を回す」ことです。

やり方としては、肩を抱く時と基本的に同じです。

一緒に歩いている時に女性の腰に手を回して引き寄せる感じで、できれば無言でやりましょう。

「腰に手を回していい?」なんて言ってしまうとセクハラ発言みたいに聞こえてしまいますので、いっそ黙ってやった方が安全かつ男らしいです。

下半身に手が伸びているわけなのでそれなりにリスクはありますが、これが通るようならその女性とは恋人関係になれる可能性が高いです。

そして、これも女性から拒否された場合は「一度の拒否で引き下がらない」ことを心がけてください。

「肩は良くても腰はまだダメか?じゃあ10分後ならOKか?」などと返しながら、もう一度だけチャレンジしてください。

ただし、二度拒否された場合はおとなしく引き下がって、別の機会にまた挑戦しましょう。

これも、女性から拒否された場合は、絶対に怯まないようにしてください。

「なかなかガード硬いなあ、結構結構」などと納得した様子を見せて、拒否されたことを気にしていない様子を演出しましょう。

ボディタッチ⑦「後ろからハグする」

女性は、後ろからハグされることにとても弱いです。

女性にとってはかなりドキドキする行為なので、恋人関係を目指すならできるだけ通すようにしましょう。

やり方としては、女性の肩に自分の肩をくっつけて両手を前に回す感じです。

この時、両腕を交差させて、両手を女性の肩の位置くらいに置くようにしましょう。

これも力を入れすぎず、あくまで自然な感じで包み込むように、そして無言でやりましょう。

入れるタイミングとしては、夜の外デートの時などです。

夜景スポットやイルミネーションなど雰囲気のあるデートスポットが最もオススメですが、遊園地や水族館などでも十分に可能です。

路上でハグするとさすがに女性も恥ずかしがるので、できれば夜の公園など人の少ない場所で行いましょう。

こういうシチュエーションまで持っていけている関係でしたら拒否される可能性は低いですが、もし拒否されたとしてもまた再度挑戦するようにしてください。

ボディタッチ⑧「前からハグする」

前からのハグは、後ろからのハグを通してから必ずやるようにしてください。

いきなり前から抱きつくのはセクハラに近い行為なので、後ろからのハグが許されている関係を前提として行うようにしてください。

やり方としては、後ろからのハグからの流れでそのまま前を向かせてハグする感じです。

後ろからのハグ姿勢を数分保ってから、自然な感じで女性をこちらに向かせましょう。

それから優しく軽く抱いてあげるイメージです。

後ろからのハグからの流れのため女性から拒否されることはほぼありません。

そのため「後ろからハグ → 前からもハグ」という流れを確実に実行してください。

ボディタッチ⑨「キスする」

キスは、前からのハグを通してから必ずやるようにしてください。

いきなりキスでも通る場合は多いですが、前からのハグを通しておいてからの方が拒否される確率は断然下がります。

そして、くれぐれも「キスしたい」という自分の勝手な欲望だけでやらないようにしてください。

「必要だからキスをする」という気持ちで臨んでください。

やり方としては、前からのハグからの流れでそのままキスをしてしまう感じです。

身体を少し離して、女性のアゴを軽く手で持ってあげて、そっとキスしましょう。

最初は、唇と唇が触れ合うソフトキスだけにしておくのが無難です。

ディープキスはソフトキスを十分にしてからにしましょう。

女性はソフトキスだけでも十分に幸せや快感を感じるので、軽いソフトキスを何度も繰り返すのがベターです。

キスともなれば女性も拒否してくる場合が多々ありますが、これも怯まずに再度挑戦するようにしてください。

なお、車の中でのキスは拒否されにくいので、車デートができる男性にはオススメの方法です。

ボディタッチ⑩「胸を触る」

言うまでもなく、胸を触るという行為は心理障壁もリスクも高いです。

関係性やタイミングを間違えると、女性からセクハラ扱いされかねない行為です。

ですから、胸を触るのは女性と恋愛関係になった後でも構いません。

「胸を触る」というボディタッチが、女性と恋愛関係になるために必須ではないからです。

ただ、これが通るようなら、後の口説き(クロージング)は非常に成功しやすくなります。

そして、胸を触るのは、キスを通してから必ずやるようにしてください。

いきなり胸を触るというのは、言うまでもなくリスクが高いです。

触りたい気持ちはわかりますが、順序はちゃんと守るようにしてください。

やり方としては、キスからの流れでそっと胸に手を置く感じです。

胸に手を置いただけでも女性は少し拒否をしてくる場合が多いので、いきなり胸を揉むことはやめておきましょう。

まずは胸に軽く手を置くだけにして、女性の拒否が弱まってきたら・・ゆっくりと・・です。

つねったり強く揉んだりするのはダメです・・そういうことは恋人関係になってからしましょう。

これも怯まずに再度挑戦していれば、不思議といずれ通るようになります。

とはいえ、やはりリスクのある行為ですので、絶対に無理強いなどしないようにしてください。

ボディタッチの種類は他にもたくさんある

以上10種類のボディタッチについて詳しく解説しましたが、ボディタッチの種類はこれだけではありません。

「髪を触る」とか「頬に手を当てる」とか「脇をくすぐる」とか、挙げれば無数にあります。

今回紹介しましたのは、あくまで代表的な10種類であって、これが全てではありません。

ですから、他にも有効なボディタッチに気づいたら、うまく使うようにしてください。

大事なことは、女性とスキンシップを図っていくことです。

それが恋愛を成就させる確率を上げることになりますので、この意識を忘れないようにしてください。




▼今すぐ真面目で美人の彼女が欲しい人はこちら▼

「50代で20代の女性と付き合えるようになりました!」

「このメルマガがきっかけで童貞卒業できました!」

「30歳で生まれて初めて女性から告白されました!」

「18歳年下の彼女と結婚することができました!」

そんな声を多数いただいているメール講座です。

2 件のコメント

  • すすむ様
    はじめましてこんばんは
    モテまっっくす沖田と申します。

    ブログ拝見しまして刺激を受けました。
    訪問者目線の楽しめる盛りだくさんの
    コンテンツが惜しみなく無料で見れて有難いと思いました。

    内容も目新しいモノで専門に
    学んできた私も驚きを隠せません。

    応援させていただきます。
    ぽちっと。

    引き続きよろしくお願いいたします。

    • モテまっっくす沖田さま

      コメントありがとうございました!(返答が遅れてスミマセン。。。)
      すごく励みになりましたので、これからも価値ある内容を更新していきたいと思います。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。