無料プレゼント(期間限定)

【LINEの送り方②】デメリット行為(告白・短文連投・スタンプ・メッセージ取り消し)

【LINEの送り方②】デメリット行為(告白・短文連投・スタンプ・メッセージ取り消し)の記事アイキャッチ

奥手とまる君

マッチングアプリで会った女性からLINEの返信が来なくなってしまいました・・

何が原因だと思いますか?

野原すすむ

LINEの文章や経緯を知らないので一概には言えませんが・・

何かデメリットになる行為をしてしまったのかもしれませんね

奥手とまる君

そんな変なLINEは送ってませんよ・・

何度もメッセージを取り消したりして気をつけてましたから・・

野原すすむ

・・それがダメなんですよ

他にも告白短文連投スタンプの連発・多用・・はしていませんか?

奥手とまる君

告白はしてませんが「好き」とか「気になってる」とかは伝えてました

短文連投はしてませんけど、スタンプは毎回送ってました

それが何か悪いんですか?

野原すすむ

はい、LINEにはデメリットになる行為がたくさんあるんです

これから詳しく解説しますので、今後は気をつけてくださいね

LINEで女性に告白する男性が多い

「LINEで女性に告白」や「LINEで女性に好意を伝えて口説く」ということをやってしまう男性が多いですが、これはデメリットが多い行為なのでやめておいた方が無難です。

LINEの文章には好感度が表れるので、その好感度(気持ちの温度差)が違うと女性はプレッシャーや嫌悪感を感じてしまうからです。

奥手とまる君

デメリットって何ですか?

今はLINEで付き合う男女が多い世の中ですよ?

野原すすむ

確かに、LINEだけで女性を口説き落とすのは可能です

ただ、あえてオススメしない理由がつあるんです

LINEで「告白する」「口説く」ことのデメリット
  1. 冗談が通じにくいので後戻りできなくなる
  2. LINEが好きじゃない女性に深い話をすると警戒される

LINEのデメリット ①:冗談が通じにくいので後戻りできなくなる

女性と「直接会って話す」のと「LINEで話す」のには色々な違いがあります。

「会って話す」と「LINEで話す」の違い

【会って話す場合】

  • 文章以外にも色々なことを伝えられる
    (表情・口調・抑揚・感情など)
  • 即座に言い返すことができるので誤解を生みにくい
    (冗談が通じやすい)

【LINEで話す場合】

  • 基本的に文章しか伝わらない
    (絵文字・顔文字・スタンプを使っても限界がある)
  • 言った言葉が取り消せない
    (メッセージ取り消し機能を使っても先に読まれてしまうことがある上に取り消し履歴は残ってしまう)

女性からモテるためには会話力が必要なわけですが、会話は言葉だけではありません。

表情や感情を伝えるのも会話には含まれており、これをLINEで行うのは難しいわけです。

そして、LINEで告白してしまうともう後戻りができなくなります。

LINEでの告白は成功率が低い
  • 女性は「YES(付き合う)」or「NO(付き合わない)」の二択を迫られる
  • 好感度がそこまで高くない場合は「NO(付き合わない)」に逃げる
    (女性もその方が楽だから)

そのため、女性を口説く時は「女性に決断を迫る」のではなく「女性を押して告白待ちのセリフを言わせてしまう」方が確実です。

しかし、LINEではそういうアプローチができません。

ですから、女性を口説く時は「直接会っている時」にすべきなんです。

【女性に告白待ちのセリフを言わせる方法はコチラ

【女性の口説き方(まとめ)】失敗しない恋愛は「告白待ちのサインを言わせる」の記事アイキャッチ

【女性の口説き方(まとめ)】失敗しない恋愛は「告白待ちのサインを言わせる」

LINEのデメリット ②:LINEが好きじゃない女性に深い話をすると警戒される

女性は基本的に話すことが好きですが、LINEは違います。

「LINEが好きな女性」もいれば「LINEが好きじゃない女性」もいます。

「LINEが好きな女性」は返信が早いので、LINEだけで仲良くなったり口説いたりすることも可能です。

しかし「LINEが好きじゃない女性」にはそれが難しいのです。

「LINEが好きじゃない女性」にLINEで深い話をしてしまうと、女性は警戒します。

LINEの正解:当たり障りのない話だけにしておく

以上の理由から、LINEでは「当たり障りのない会話だけにしておく」のが無難です。

好意を伝えたり深い話をしたりするのは、女性と直接会った時にしてください。

LINEだけで女性と恋愛関係になろうとすると・・ほぼ失敗するからです。

LINEはあくまで女性との関係を維持する目的で送る方が良いのです。

LINEで好感度を上げようとする必要はありません。

LINEで好感度を下げなければそれで十分なんです。

【女性の好感度を下げないLINEの送り方はコチラ

【LINEの送り方①】連絡頻度・時間帯・文章量を合わせる(ミラーリング)の記事アイキャッチ

【LINEの送り方①】連絡頻度・時間帯・文章量を合わせる(ミラーリング)

女性にウザいと思われて嫌われるLINE

また、LINEでは他にも注意してほしい点が3つあります。

女性にウザいと思われて嫌われるLINE
  1. 短文連投
  2. スタンプの連発・多用
  3. メッセージを何度も取り消す

・・一見すると問題ない行為に見えますが、なるべくやらない方がいいことばかりです。

その根拠をこれから説明します。

ウザいLINE ①:短文連投

最近は、LINEの短文連投は当たり前になっています。

女性

そういえば(送信)

昨日のことなんだけど(送信)

どうして先に帰っちゃったの?(送信)

・・こんな感じで、1回の送信で済むところをわざわざ数回に分けて送るのが常識になっています。

長文1回で送ると年寄り扱いされるくらいです。
(若い女性からよく指摘されます・・)

ただ、あえて言います・・男性は短文連投しない方がいいと。

短文連投の不思議
  • 女性:短文連投してもなんとなく許される(可愛いと思われる?)
  • 男性:ウザい・女々しいと思われて嫌われることが多い(若い女性いわく)

ですので、男性はなるべく1回で送るようにしましょう。

ウザいLINE ②:スタンプの連発・多用

LINEにはスタンプがありますが、ハッキリいってスタンプを送る意味はありません。

良いスタンプやおもしろいスタンプを送ったところで、女性の好感度は上がらないからです。

また、スタンプを送ってしまうことで女性との会話の流れが途切れてしまうこともあります。

スタンプを送ると会話の流れが途切れてしまう
  • 一般的にスタンプは会話を一旦終わらせる時に使うことが多い
  • 狙っている女性とのLINE会話を終わらせるのはもったいない
  • スタンプを送って会話の流れを切ってしまうのは良くない

スタンプを送ることがそこまで悪いわけではありませんが、送るメリットが何もないので送らない方が良いです。

スタンプを送るのは「女性と付き合ってから」にしましょう。

ウザいLINE ③:メッセージを何度も取り消す

LINEにはメッセージ取り消し機能という便利(邪魔?)な機能があります。

この機能が追加されたことで「いつでも取り消せる」という気楽さから、適当なLINEを送ってしまう人が増えたような気がします。

ただ、メッセージ 取り消し機能は使うべきではありません。

メッセージを取り消さない方が良い理由
  • 取り消されたメッセージは「悪い内容」としか思われない
    (悪い内容だから取り消したに違いない・・と人は考える)
  • 「悪い内容を送ってきた」という印象だけが残ってしまう
    (内容の問題ではなく、送ってきた事実の問題)
  • 一度言った言葉を取り消すのは男らしくないと思われる
    (小心者・卑怯者としか思われない)

ですから、LINEを送る前にはキチンと内容をチェックしましょう。

くれぐれもメッセージの取り消し機能に頼らないようにしてください。

まとめ(結論)

LINEで告白することのデメリット
 ・女性に二択を迫るともう後戻りできなくなる
 ・LINEが好きじゃない女性に深い話をすると警戒される
 ※LINEでは当たり障りのない話だけにして関係を維持するだけにしておいた方が良い

女性にウザいと思われて嫌われるLINE
 ①:短文連投(女性は許される)
 ②:スタンプの連発・多用(会話の流れを切ってしまう)
 ③:メッセージを何度も取り消す(悪い印象だけを残してしまう)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。