真面目美女から愛されるための出会い・トーク・口説き方を無料プレゼント中!

女性が結婚相手の男性に求める年収は?年収400万で結婚は無理?

男で年収300万円だと恋愛も結婚も難しい?

女性が結婚相手の男性に求める年収と、年収400万で結婚は無理じゃない根拠について解説します。

こういう人はぜひ読んでみてください
  • 女性が男性に結婚相手として求める年収を知りたい人
  • 女性が男性の年収を気にする理由を詳しく知りたい人
  • 年収400万で結婚は無理じゃない根拠を知りたい人
  • 年収400万以下の場合の対処法を知りたい人
  • 年収によって使えるデート代や結婚後の生活費について知りたい人

年収400万だと結婚は無理?

メルマガ読者さんからの恋愛相談で、こういう相談をたまに受けます。

「女性が結婚相手に求めている年収が多い気がします」

「自分は年収400万ですが、結婚は無理でしょうか?」

「野原さんは薄給の会社員だと言ってますが、どうやってモテてるんですか?」

男性には逃れることのできない年収の問題です。

10代や女子大生ならともかく、妙齢の女性のほとんどは恋愛の先に結婚を意識しています。

結婚相手になるかもしれない男性の職業や年収はどうしても気になるので、女性も多少は求めてしまうものです。

求める年収の額は女性によって様々ですが、全く求めていないという女性はあまりいません。

そのため、年収が少ない男性は恋愛や結婚で不利になると思われがちです。

平均年収に近い年収400万でも少ないと感じる男女は多く「じゃあどのくらい年収があったらいいのか?」と気になるところです。

ただ私は、年収400万の男性なら結婚は全く無理じゃないと思っています。

その根拠を説明していきます。

女性が男性に年収を求める理由

まず、女性が男性に年収を求める理由を整理してみます。

女性が男性に年収を求める理由
  • 自分が代わりに払わないといけないかもしれないから(おごってもらえない)
  • デートや旅行をするにも不自由だから
  • 安物しかプレゼントしてもらえないから
  • 結婚した後の生活が不安だから
  • 低年収という響き自体が嫌だから
  • 年収が少ない男は他も大したことがないから

大体こんなところでしょうか。

男性の方が女性よりも平均年収が多いので「経済面では男性に頼りたい」と思っている女性が多いのは事実です。

そのため、経済面で頼れないとなれば男性としての魅力が下がってしまうのは仕方ありません。

「結局は金かよ」と嫌な気持ちになるかもしれませんが、要は程度問題です。

では、女性にとって男性はどのくらいの年収があれば十分でしょうか?

年収ごとの手取額は?

収入を測る表現として「年収」という言葉がよく使われていますが、実際はそこから税金等が差し引かれるため、手元に残る額は当然変わってきます。
※税金等:所得税、住民税、健康保険料、厚生年金保険料など

税金等は年収に比例して増えるため、年収に対する手取額の参考値を以下に挙げます。

年収に対する手取額(会社員の場合)
  • 年収500万円:手取額385万円(1ヶ月あたり32万円)
  • 年収400万円:手取額310万円(1ヶ月あたり26万円)
  • 年収300万円:手取額235万円(1ヶ月あたり20万円)

以降、この手取額をベースに考えてみます。

1ヶ月のデート代はどのくらい必要?

まず、社会人の男性が彼女と1ヶ月に使うデート代を計算してみます。

デート代(毎週会った場合)
  • 食費:12,000円(1,500円 × 2回/日 × 4週)
  • 交通費:3,000円(適当にこのくらい?)
  • その他:5,000円(ホテル代、ゲーム代、プレゼント代等)

合計:20,000円

かなり概算でしたが、1ヶ月のデート代は2万円くらいが妥当だと考えます。
※男性や女性によっても様々ですし、地域や距離によっても変わるのであくまで概算です。

極端にいえば、月に2万円を捻出するのが難しい男性は、彼女ができたとしても満足にデートすることができないということです。

ちなみに、デート代を男性がどのくらい出すべきかについては以下の記事も参考にしてみてください。

おごるのか割り勘なのか男に聞いてくる女

【恋愛でモテるための支払い方法】男性は女性に全額おごるべき?割り勘にすべき?

年収ごとで使えるデート代は?

次に、デート代に当てられる金額を年収ごとで考えてみます。

ケース1:年収500万円の場合
  • 1ヶ月の手取額:32万円(前述した金額)
  • 生活費:17万円(12万円(平均値) + 家賃5万円)
  • 余剰分:15万円(32万円 – 17万円)
  • 貯蓄分:7〜8万円(半分を貯蓄に回す場合)

デート代に当てられる金額:7〜8万円

ケース2:年収400万円の場合
  • 1ヶ月の手取額:26万円(前述した金額)
  • 生活費:17万円(12万円(平均値) + 家賃5万円)
  • 余剰分:9万円(26万円 – 17万円)
  • 貯蓄分:4〜5万円(半分を貯蓄に回す場合)

デート代に当てられる金額:4〜5万円

ケース3:年収300万円の場合
  • 1ヶ月の手取額:20万円(前述した金額)
  • 生活費:17万円(12万円(平均値) + 家賃5万円)
  • 余剰分:3万円(20万円 – 17万円)
  • 貯蓄分:1〜2万円(半分を貯蓄に回す場合)

デート代に当てられる金額:1〜2万円

・・ちょっと強引な考え方かもしれませんが、現実と大差ない数値だと思います。

このケースで見ると、年収400万円以上が月に2万円のデート代を捻出できるラインになります。

そのため、年収400万に満たない男性は、デート代を少なくするか生活を見直す必要があるかもしれません。

結婚した場合の生活費は?

上記は女性とデートする時に使う費用に過ぎず、結婚生活ともなれば話は変わってきます。

夫婦の1ヶ月の生活費は平均で22万円というデータがありますので、これを参考に考えてみます。

参考:22万円の内訳(夫婦2人、家は地方の賃貸マンション)
  • 家賃:65,000円
  • 光熱費:20,000円
  • 水道代:5,000円
  • 携帯代:20,000円
  • 食費:50,000円
  • 日用品代:5,000円
  • 各種保険料:20,000円
  • 車代(駐車場・ガソリン・税金・保険代など):35,000円

合計:220,000円

「ちょっと無駄が多いんじゃないか?」と思いましたが、後々に子供が生まれれば生活費はさらに増えるので、一旦このくらいの金額で考えておいた方が良いと思います。

1ヶ月で22万円ということは年間で264万円の出費です。

女性が男性に求める年収は500万という意見が多い

問題は、上記の出費に対する収入です。

現代は共働きが主流なので、結婚後も奥さんが仕事を続けた場合で考えてみます。

女性の平均年収は20代で319万円というデータがあるのでこれを参考値とすると、奥さんの年間の手取額は256万円になります。

また、後々のことを考えて年間100万円は預金に回すというルールにします。

ケース1:年収500万円の場合
  • 年間の手取額:641万円(385万円 + 256万円)
  • 年間の生活費:264万円
  • 年間の預金額:100万円

余剰分:277万円(641 – 264 – 100)

ケース2:年収400万円の場合
  • 年間の手取額:566万円(310万円 + 256万円)
  • 年間の生活費:264万円
  • 年間の預金額:100万円

余剰分:202万円(566 – 264 – 100)

ケース3:年収300万円の場合
  • 年間の手取額:491万円(235万円 + 256万円)
  • 年間の生活費:264万円
  • 年間の預金額:100万円

余剰分:127万円(491 – 264 – 100)

このように、共働きの場合だと年収300万円でも数値上は余裕があるように見えます。

ただ、ここに子供の生活費や教育費、家や車のローンなどが加わってくると・・年収300万円どころか年収400万円でも正直厳しくなってきます。

余裕のある生活をしたいとなれば、年収500万円くらいは欲しいところです。

田舎に移り住んで生活費を抑えられる人ならいいと思いますが、そうでない人は現実的に厳しいところです。

「女性が結婚相手の男性に求める年収は500万円以上」という意見が最も多いのはこういう理由からだと思います。

なぜ年収400万でも結婚は無理じゃないのか?

色々なケースで試算してみましたが「年収400万でも結婚が無理じゃない」という根拠をこれから説明します。

これまでの結果をまとめますと、

  • 女性と普通にデートできる年収:400万円以上
  • 女性が結婚相手に望む年収:500万円以上

となりますので「結婚するには結局のところ年収500万以上は必要だろ?」と思われがちです。

ただ、結婚する前から結婚について考えたり悩んだりする必要はありません。

まずは女性から好かれて付き合うことができる段階まで持っていくことが先決で、結婚はその先にある結果に過ぎません。

最初から結婚ありきで考えるから苦しくなるんです。

とりあえずは年収400万円もあれば十分なんです。

では「なぜ最初から結婚を意識してはいけないのか?」その理由をこれから説明します。

今すぐ結婚したい女性は結婚相談所に入ることが多い

結婚に対する考え方は女性によっても様々です。

女性の結婚願望
  • 今すぐ結婚したい:多い
  • いつか結婚したい:最も多い
  • 今は結婚願望なし:少ない
  • ずっと独身で良い:最も少ない

当然ながら女性の年齢によっても変わることですが、世の女性の結婚願望はおおよそこんな感じです。

そして、結婚願望が強いか弱いかによって、女性が求める出会い方も変わってきます。

※出会いの種類については以下の記事も参考にしてみてください。

社会人は出会いがない

【女性との出会いの作り方】全ての出会い(パーティ・街コン・合コン・マッチングアプリ・相席・結婚相談所・ナンパ)を解説

女性が求める出会い方
  1. 今すぐ結婚したい女性:結婚相談所、婚活パーティ、恋活マッチングアプリ、等
  2. いつか結婚したい女性:婚活パーティ、恋活マッチングアプリ、等
  3. 今は結婚願望なし女性:恋活マッチングアプリ、合コン、友達の紹介、等
  4. ずっと独身で良い女性:相席系、合コン、友達の紹介、等

「① 今すぐ結婚したい女性」は、すでに結婚生活を意識しているため男性の年収をかなり気にします。

そのため、男性の年収が公開されている結婚相談所や婚活パーティや恋活マッチングアプリ等を利用することが多いわけです。

ただ、婚活パーティや恋活マッチングアプリでは年収の信憑性が低い(自己申告だと詐称する男性も多い)ため、源泉徴収票などの提出を義務付けていて信頼性の高い結婚相談所に入る女性も多いのです。

厳しいことに、結婚相談所では年収400万どころか年収500万でも十分とは言えません。

結婚相談所にいる男性の年収は高めで「500万円~699万円」という人が最も多いために、女性はそこに目が肥えてしまい、男性に求める年収のレベルを上げてしまうからです。

そのため、年収が少ない男性は結婚相談所には不向きです。

ただ、結婚相談所に入る女性は「① 今すぐ結婚したい女性」がほとんどで、②③④の女性は結婚相談所にはあまり行きません。

そして、「① 今すぐ結婚したい女性」よりも②③④の女性の方が多数派です。

ですから、「① 今すぐ結婚したい女性」は無視して②③④の女性だけをターゲットにすればいいのです。

結婚相談所にいる「結婚だけしたい女」と結婚したら・・地獄が待っている

「年収が多い場合は結婚相談所で人気だから、結婚相談所が向いているのでは?」

と思う人もいるでしょうが、実はそんな単純な話でもありません。

年収が多くても結婚相談所で失敗する男性のケース
  • 女性慣れしてなくてコミュニケーション力が低いために相手にされない
  • 結婚だけがしたい性悪女につかまってしまう

私もかつて結婚相談所に入っていたことがあるのでわかりますが、女性慣れしていない男性やコミュニケーション力(会話力)の低い男性は結婚相談所でも結局うまくいっていません。

年収1,000万円クラスでも婚活難民になっている男性はいくらでもいます。

そして、年収だけで寄ってきた女性と結婚してしまうと・・もっと最悪なことになります。

結婚相談所には「ただ結婚したいだけ」の性悪女が結構いますので、これと結婚したら地獄です。

「ただ結婚したいだけ」の女性は、結婚生活に愛情や恋愛感情は要らないと思っているからです。

結婚は「する前」よりも「した後」の方が100倍大事です。

実際に私は「ただ結婚したいだけ」の女性と結婚してしまい、こんな悲惨な目に遭ったからです。

【私はこれで離婚されました】いい人は嫁と親の言いなりで板挟みになった挙句・・悪者にされる

ですから、年収500万円以上で高収入の男性にも、結婚相談所は正直オススメしません。

他の出会い方でも、結婚願望のあるまともな女性とはいくらでも出会えるからです。

そして、結局のところコミュニケーション力(会話力)は必要不可欠になってきます。

そのコミュニケーション力(会話力)を最短で身につけられる方法が、このブログやメルマガで解説している恋愛技術です。

結婚すべき普通の女性と付き合うなら年収400万で十分

私の経験上、「① 今すぐ結婚したい女性」は、あまり相手にすべきではないと思っています。

「② いつか結婚したい女性」、「③ 今は結婚願望なし女性」、「④ ずっと独身で良い女性」・・これらの女性を強くオススメします。

これらの女性は、相手の男性の年収ありきで交際をしようとは思っていないからです。

もちろん年収は気にしてます、ただそこがマストじゃないという話です。

しばらく付き合って、結婚を意識するようになったら、そこで彼氏の年収を気にし始めます。

まずは、相手の男性が魅力的かどうかで付き合うかどうかを判断しています。

そういう女性の方が確実にまともなので、結婚するならこういう女性の方が絶対に良いです。

そして、こういう普通の女性と恋愛したりデートしたりするだけなら、年収400万円で十分だということです。

普通の女性であれば、好きな彼氏の年収が低いからといってそれだけでは離れていきません。

女性の心さえつかんでおけば、もはや年収は問題ではなくなります。

その「女性の心をつかむ」のもまた恋愛技術のなせる業です。

年収400万円以下の場合はどうする?

以上のように、「普通の女性と付き合うために必要な年収は400万円」・・と勝手に定義させてもらいました。

反論や批判もあると思いますが、それなりに女性と交際してきた男性ならこれがリアルな数値であることがわかっていただけるかと思います。

問題は、「年収400万円以下の男性はどうするのか?」・・です。

当然ながら、学生や新卒の20代前半くらいまでの男性なら、年収400万円に満たない場合がほとんどです。

20代前半くらいまでの男性ならそれが当たり前なので、その世代には女性も高い年収を求めたりはしません。

デート代を多少抑える必要はありますが、女性から気にされない以上そこは問題ではありません。

ですから、若い男性であれば年収そのものがネックになることはまずありません。

問題は、30代以上の男性で年収400万円に満たない場合です。

女性は、相手の男性の年収をただ気にするだけではなく、年齢との整合性の方をより気にしています。

「22歳で年収300万円なら仕方ないけど、32歳で年収300万円だと無理」

・・残酷なようですが、性格の良いまともな女性でさえこのように考えていることが多いです。

女性は男性の将来性も見ていますので「22歳で年収300万円ならこの先増えるかもだけど、32歳で年収300万円だともう伸び代がない」と考えるわけです。

誰しも生活で苦労はしたくないので、少ない収入で苦労し続ける道をわざわざ選びたくはないものです。

仮にウソをついて年収を偽ったとしても、付き合って結婚を意識するようになってからは、女性も自分も苦しむことになります。

そのため、30代以上の男性で年収400万円に満たない時の対策はこの3つです。

  1. 年収を増やす(転職、副業等)
  2. 年収を全く気にしない女性と付き合う
  3. 高収入の女性に養ってもらう

現実的な対策は「副業して年収を増やす」

最も現実的な対策は「① 年収そのものを増やす」ことです。

「簡単に言うなよ」って話ですが、今はネットを使った副業で月数万円くらいなら簡単に稼げてしまう時代です。

いずれその方法も公開していきますので、興味がある人はぜひ読んでみてください。

年収を気にしない女性ほど実は厄介

その他の対策としては「② 年収を全く気にしない女性と付き合う」か「③ 高収入の女性に養ってもらう」ですが・・ハッキリ言ってこの方がよっぽど難しいです。

年収を全く気にしない女性というのは、代わりに別のものを強く気にしています。

イケメン限定など見た目をすごく気にしていたり、メンヘラ気味でとにかくマメに相手をしてあげる必要があったりと、普通の女性よりもはるかに厄介です。

高収入の女性も同様で、養ってあげようと思えるほど可愛い顔をした男性や、母性本能を大きく刺激できるような男性や、愚痴や悩みを聞いてくれる会話上手な男性を好む傾向があります。

どこにでもいるような平凡な男性をわざわざ養ってあげようとは思わないわけです。

幸せな結婚をするには年収よりも恋愛技術の方が必要です

このように、「② 年収を全く気にしない女性と付き合う」か「③ 高収入の女性に養ってもらう」を選ぶ場合は、かなり高いレベルの恋愛技術が必要です。

それを身につける苦労を思えば、副業を始めて年収を増やした方がはるかに楽です。(私の経験上)

そして、普通のまともな女性からモテるためにも恋愛技術が必要になってきます。

結局は年収の問題ではなく、恋愛でモテるコミュニケーションが取れるかどうかで、付き合ったり結婚したりした後の幸せが決まってきます。

最低限の年収は必要ですが、それ以上を求める女性との結婚は全くオススメしません。

人並に年収を求める普通の女性をオススメします。




▼今すぐ真面目で美人の彼女が欲しい人はこちら▼

「50代で20代の女性と付き合えるようになりました!」

「このメルマガがきっかけで童貞卒業できました!」

「30歳で生まれて初めて女性から告白されました!」

「18歳年下の彼女と結婚することができました!」

そんな声を多数いただいているメール講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。