無料プレゼント(期間限定)

【性行為のテクニックで産み分けの性別が決まる?!】男の子と女の子が生まれる仕組み

【性行為(セックス)テクニックが産み分けの性別を決める?!】男の子と女の子が生まれる仕組みの記事アイキャッチ

奥手とまる君

現代の医学では、性別の産み分けはまだ不可能なんですよね?

野原すすむ

医学に詳しいわけではないのであまり下手なことは言えないんですが、意図的に男女を産み分ける技術はまだ確立されていないみたいですね

ただ、性行為のテクニックが生まれてくる子供の性別に関係しているなんて説を聞いたことがあります
(あくまで説です)

奥手とまる君

マジで?!何か根拠があるんですか?

野原すすむ

詳しい根拠は後で解説しますが、

・性行為が上手だと男の子が生まれる確率が高い
・性行為が下手だと女の子が生まれる確率が高い

・・らしいです
(あくまで説です)

奥手とまる君

・・全く意味がわかりません

根拠を説明してくださいよ!

野原すすむ

わかりました、おもしろい話だと思うので説明しますね

では「性行為のテクニックが産み分けの性別を決めるのか?」について詳しく解説します!

生まれてくる子供の性別が決まる仕組み

まずは「生まれてくる子供の性別がどうやって決まるのか」から簡単に解説します。

卵子に受精する精子は3億個のうち1個だけ

1回の射精で出る精液の中には約3億個の精子が含まれているといいます。

この精子が卵子に受精することによって子供(胎児)ができるわけですが、受精できる精子は1個だけです。

その他の精子は女性の性器(膣内)で死滅します。

ほとんどの精子は膣内の酸性液によって死滅する

女性の性器(膣内)は酸性の液(乳酸菌などの良性の細菌)で満たされており、いわゆる酸性状態にあります。
(pH3.5〜4.5程度)

これは雑菌やバイ菌が繁殖することを防止するためです。

女性に処女膜が備わっている理由もこれと同じで、雑菌やバイ菌が入り込まないためのバリアーの役割を果たしています。

この膣内にある酸によって精子は死滅してしまうわけです。

子供の性別は卵子に受精する精子の染色体(X・Y)で決まる

精子の頭部には23個の染色体が入っています。

そして、死滅することなく卵子と受精した精子が「X染色体」or「Y染色体」かによって、生まれてくる子供の性別が決まります。
(卵子は「X染色体」しか存在しないため性別に影響しない)

【精子】 【卵子】  【受精】  【性別】

X染色体 → X染色体 → XX染色体 → 女の子

Y染色体 → X染色体 → XY染色体 → 男の子

精子のX染色体とY染色体の特徴

2種類の染色体にはそれぞれ特徴があります。

精子の染色体の特徴

【X染色体】

  • 寿命が長い
  • 速度は遅い
  • 数はY染色体の半分

【Y染色体】

  • 寿命が短い
  • 速度は速い
  • 数はX染色体の2倍

そういえば、実際の平均寿命も女性の方が高いですね・・関連がありそうです。

【参考】産み分けしたい時の性行為※よく聞く話

以上のような性質から「性別の産み分けをしたいならこういう性行為をしろ」という話があります。
(これも説です)

男の子が欲しい場合

「膣内のできるだけ子宮に近い場所で射精しなさい」(奥で出せ)

※Y染色体は寿命が短いので、早く受精させる必要がある

女の子が欲しい場合

「膣内のできるだけ子宮から遠い場所で射精しなさい」(手前で出せ)

※Y染色体は寿命が短いので、距離が遠いと受精前に死滅しやすい
(X染色体は寿命が長いので、消去法で生き残る)

奥手とまる君

これはなんとなく聞いたことがあります!

でも、性行為のテクニックなんて関係ないじゃありませんか?!

野原すすむ

これは性行為のテクニックに関係ありません
(射精する場所だけの話)

ただ、この話がこれから関係してくるので原理だけは覚えておいてくださいね

生まれてくる子供の性別に大きく影響するのは「膣内の酸性度」

これまでの基礎知識をまとめるとこうなります。

・膣内の酸性液から生き延びたY染色体の精子が受精した場合
→ 男の子になる

・膣内の酸性液によってY染色体の精子が全て死滅し、生き残ったX染色体の精子が受精した場合
→ 女の子になる

X or Yどちらの染色体が生き残るかによって性別が決まるわけです。

この生存競争には、膣内の酸性液が強いか弱いか(酸性度)が大きく影響します。

膣内は酸性状態にあるので、寿命の短いY染色体の精子のほとんどは酸によって死滅します。

しかし、膣内の酸性度が薄まってアルカリ性側に傾けば・・Y染色体の精子が生き残る確率が上がります。

性行為で分泌される体液が膣内の酸性度を薄める

性行為によって、女性が強い快感を得てオーガズムに達する(イク)と・・大量に分泌された体液で膣内が満たされます。
※体液は別名「マ◯汁」や「愛液」などとも呼ばれる

この体液はアルカリ性のため、分泌量が多いほど膣内の酸性度は薄まります。

つまり、性行為で女性が感じれば感じるほどY染色体が生き残れる確率が高くなるため、結果的に男の子が生まれる確率も高くなるというわけです。

性行為の「テクニック」によっても体液量は変わる

膣内に分泌される体液は、女性の興奮度や快感具合によっても量が変わります。

性行為のテクニックで女性が強い興奮や快感を覚えたら体液量は増えます。

つまり、テクニックが上手な男性ほど、男の子が生まれる確率が高くなる可能性があるというわけです。
(あくまで可能性の話です)

性行為への「慣れ」によっても体液量は変わる(処女が濡れにくい理由)

また、筋肉痛が起こる原理と同じで、人間の身体には「慣れ」が影響します。
(普段運動してない人が急に運動すると、弱っている筋肉の繊維が簡単にちぎれてしまうので痛みを生む)

そのため、「女性が性行為に慣れているかどうか」によっても体液量は変わってきます。

処女の膣内が濡れにくいのは、性行為に身体(心)が慣れていないため、身体(心)がうまく反応してくれないという理由もあります。

逆に、「女性は40代になると性欲が強くなる」と言われるのは、性行為に身体(心)が慣れてきたからという理由もあります。

【40代女性の性欲が強い理由はコチラ ↓】

女性の性欲やセックスは警戒心がポイントの記事アイキャッチ

40代女性の性欲が強い理由(性行為はテクニックではなく警戒心がポイント)

性行為のテクニックが上手な男性とは?

「性行為が上手な男性」の一般的な定義はこんな感じです。

性行為が上手い男性の特徴
  1. 女性の身体(性感帯)をよく知っていて、箇所や力加減が上手い
  2. 女性が興奮するシチュエーションを演出できる(道具・言葉攻めなど)
  3. 慣れていて女性をリードできる(安心させられる)

この中で最も重要なのは「③ 慣れていて女性をリードできる(安心させられる)」です。

①と②だけで快感やオーガズムを感じるのは、性行為に慣れている女性くらいです。

若くて真面目な女性を快感に導きたいなら、③が必要不可欠です。

性行為のテクニックは決して小手先だけのものを指すわけではありません。

「女性に安心感を与えられる」という心理テクニックも含まれています。

そしてこれは恋愛技術によって与えることができます。

性行為テクニックで男女の産み分けは可能?

こういった原理から、生まれてくる子供の性別に男性の性行為のテクニックが影響する可能性はありそうです。

牛の雄雌の産み分け技術は90%以上の確率で成功しているという話がありますが、人間では「狙って確実に成功した例」はまだ聞きません。

ですから、産み分けが絶対に可能とは言えません。

天皇家でも産み分けは不可能だった?

令和天皇陛下の第1皇女子である愛子さま(内親王殿下)は女性です。

天皇陛下は代々男性が即位されていますので、お世継ぎ候補となるご子息には男の子を所望されるような気がしますが・・受精後の産み分けは現代医療では不可能だったのでしょうか?
(試されてないと思いますが・・)

・・これ以上言うと非国民扱いされそうですので、この辺でやめておきます。。。

理系エンジニアの子供には女の子が多い?

これも少し有名な話ですが、理系のエンジニアや工学系の職業に就いている男性の子供には女の子が多いというデータがあります。

これは「電磁波などの影響で精子が弱る影響で女の子が生まれやすくなる」という説が有効とされています。

私の学生時代の専攻は化学でしたが、「ハロゲン化物の扱いには特に注意しないと精子がなくなるぞ!」と先生から注意された記憶があります。

電磁波や化学物質など人間の身体にあまり良くないものを扱う職業の人は、精子のY染色体が弱ってしまう傾向があるのかもしれません。

それに理系エンジニアは営業マンなどの文系に比べて・・性行為も下手そうですし。。。

性行為のテクニックは身につけないとダメ?

性行為のテクニックが性別の産み分けに影響するかどうかはともかく、男性なら多少はテクニックを身につけるべきだと私は思います。

女性も性行為する以上は気持ち良くなりたいので、女性を喜ばせてあげるためにも男性はテクニックを磨くべきだと思います。

性行為が上手い男性がモテるとは限りませんが、モテない男性は必ず下手です。
(経験が少ないから当たり前ですが)

上手くなるのには多少の経験も必要ですが、コツさえ知ってしまえばそんなに難しいことでもないので、性行為に自信がない男性もどうか諦めないでください。

【童貞で性行為に自信がない男性の不安を解消する方法はコチラ ↓】

童貞男性の悩み「セックスに自信がなくて怖い」という不安を解消する方法の記事アイキャッチ

童貞男性の悩み「性行為に自信がなくて怖い」の不安を解消する方法

まとめ(結論)

生まれてくる子供の性別が決まる仕組み
 ・約3億個の精子のうち卵子と受精するのは1個だけ(他は膣内の酸性液によって死滅する)
 ・X染色体の精子が受精すると女の子、Y染色体の精子が受精すると男の子
 ・Y染色体の精子は寿命が短いので、膣内で奥で射精した方が男の子が生まれやすいという説もある

生まれてくる子供の性別には膣内の酸性度も大きく影響する
 ・性行為で分泌される体液は膣内の酸性度を薄めるため、その量によって生き残りやすい精子の種類が変わってくる
 ・性行為のテクニックによって膣内の体液量は変わる
 ・性行為への慣れによっても膣内の体液量は変わる

性行為で最も重要なのは「慣れていて女性をリードできる(安心させられる)」ことで、小手先テクニックよりも心理テクニックの方が大事

性行為のテクニックは性別の産み分けに関係する可能性がある(実証はされていない)

産み分けにかかわらず、男性は性行為のテクニックを身につけた方が良い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。