恋愛講座「いい人が遊び人モテ男ことを制圧する技術」

スラムダンク三井寿の女性人気が高い理由はその繊細さ

こんにちは、野原すすむです。

今回は、

弱みを見せることができる男がモテる理由

について解説します。

主人公の桜木花道よりも女性人気が高いサブキャラ三井寿

今でも人気の高い名作漫画「スラムダンク」に、三井寿(みついひさし)というキャラクターがいます。

三井は主人公である桜木花道のチームメイトで、主要キャラとはいえ位置的にはサブキャラです。

にもかかわらず、桜木よりも三井の方が女性人気が高いそうです。

私は昔これが不思議でなりませんでした。

しかし、今ではこの理由がハッキリとわかります。

そしてこれは、女性からモテるための大きなヒントにもなり得ます。

三井寿は作中で最も変貌を遂げたキャラ

三井は湘北高校バスケットボール部のレギュラーメンバーの一人で、3P※シュートの名手です。※スリーポイントシュートの略です、複数プレイのことではありません

作中での活躍も目覚しく、名だたる強豪高校相手に3Pシュートを決めまくり湘北高校の快進撃に大きく貢献します。

翔陽高校戦やラストの山王工業戦は、三井の活躍で勝てたといっても過言ではないくらいです。

しかし、そこに至るまでには様々な葛藤や紆余曲折がありました。

中学時代にスタープレーヤーとして名を馳せた三井は、恩人ともいえる安西監督を慕って湘北高校バスケットボール部へ入部します。

しかし入部早々、三井は膝を痛めてしまい、試合はおろか練習にも満足に参加できなくなります。

焦りを感じる中、ヘタクソと侮っていた同級生の赤木剛憲が徐々に力を付け始め、試合でも活躍し始めます。

それを見て三井は、「もうここに自分の居場所はない」と感じてバスケ部を去り、非行の道へ走ります。

それから2年後、三井はバスケ部の有望選手である宮城リョータを締め上げるために不良仲間を引き連れてバスケ部を襲撃します。

全員が血まみれになるほどの大騒動の中、かつての恩人である安西監督が現れます。

三井は涙を流しながら、「先生、バスケがしたいです」と言ってバスケ部に復帰することに。

そこには不良少年としての面影はなく、かつての純粋なスポーツ少年の顔がありました。

本当はバスケがしたくて仕方なかったのに、拗ねて意地を張ってしまったことで今さら戻れなくなってしまっていたのだと思います。

宮城リョータに目を付けたのも、本来なら自分がそうなっているはずだったバスケ部のエース的ポジションにいることが気に食わなくて仕方なかったのでしょう。

しかし、安西先生が現れたことでようやく子供のように素直になれました。

純粋すぎたキャラ、それが三井寿なのかもしれません。

というのが三井寿の簡単な略歴です。

素行や髪型、そして表情なども含め、作中のキャラクターの中で最も変貌を遂げたキャラといっていいと思います。

そんなガラスのエース三井寿が、なぜ女性から好かれるのか解説していきます。

三井寿の「人間臭さ」と「繊細さ」に女は共感する

三井は決して強い人間ではありません。

同級生キャラクターと比べてもその弱さがよくわかります。

ライバルである赤木は、全国制覇という野望が一時も揺らぐことがないほどのタフな精神力を持っています。

良き理解者の木暮(メガネ君)は、誰が相手だろうとどんな状況だろうと常に大人の対応ができる人格者です。

一方の三井は、ちょっとうまくいかないからといって拗ねて不良になる、なんだかんだ結局バスケ部に戻ってくる・・まだまだ子供です。

赤木や木暮がすんなり受け入れてくれた上に、水戸洋平が機転を利かしてくれたからよかったものの・・本来ならあんな騒動を起こしたらバスケ部復帰どころか停学もしくは退学です。

まあ赤木や木暮や水戸が高校生離れしすぎているともいえますが、三井は周囲に甘やかされすぎているとも見えてしまいます。

ただ、見方を変えると、これは三井が「人間臭い」ともいえます。

確かに子供っぽくて面倒くさいところもありますが、そこがむしろ人間らしいわけです。

赤木に、何か悩みや愚痴を聞いてもらうことを想像してみてください。

「弱音なんか吐くな」、「そんなことくらいでへこたれるな」、「前のめりで努力あるのみだ」・・なんて言いそうな気がしませんか?

木暮や水戸はもう少し聞いてくれそうな感じもしますが、彼らは人間ができているのでネガティブな感情を本当に理解してくれるかどうかわからないものです。

「強いからこそ理解してくれないのではないか」と思えてしまうんです。

これって女性は嫌なんですよ。

「わかってくれたっていいじゃない」って思うんですよ。

弱い部分も持ってて挫折も知ってる三井なら、こういった気持ちも理解してくれるのでは?・・と思えるのです。

実際に三井が理解してくれるかはわかりませんが、そういうイメージは持ちやすいのです。

女性は繊細な生き物ですので、その繊細さを理解してくれる人を求める傾向があります。

三井の弱さを自分の弱さとして共感できる部分があるからこそ、三井に親近感を覚えるのだと思います。

三井寿は「子供」→「不良」→「大人爽やか系」と成長する

高校入学当初の三井は、自信に満ち溢れたバスケット少年でした。

ポジティブ全開で偉そうな言動をしつつも、どこか可愛らしい子供のように描かれています。

しかし、不良少年時代の三井は、コワモテで残酷な一面も見られました。

そして、バスケ部に復帰した三井は一転して表情も穏やかになり、どこか余裕すら感じさせるくらいでした。

後輩を気遣ったりする一面もあり、いつの間にか大人になっていました。

このように、少なくとも作中で3回くらいは人格(キャラクター)が変わっています。

これがギャップとなって女性の心を刺激しているところもあると思います。

スラムダンクには魅力的なキャラクターがたくさんいますが、ほとんどは作中ずっと一本調子でキャラが固定されています。

それはそれでいいんですが、見る側からすれば少しつまらないんですよね。

色んな一面を持っているキャラクターの方が幅が広く感じるので魅力的に映るものなんです。

また、読者はキャラクターの成長を楽しみにしています。

子供の成長を見守る親のような気持ちで、成長していくキャラクターほど自然と好きになるものなのです。

しっかり者の女性ほど三井寿を好む

確かに三井は女性人気がありますが、全ての女性が三井を良く思うわけではありません。

三井の人間臭い部分を「弱いだけ」と見る女性もたくさんいるからです。

強くてブレない男が好きな女性からは、きっと三井は支持されないと思います。

そのため、三井を好む女性は、男の弱い部分を可愛らしいと思える人だと思います。

強さよりも優しさを求めるタイプとも言えるでしょう。

自己が確立されているしっかり者の女性にこういうタイプが多い傾向があります。

結果として、三井寿は女性からモテますが、それは一定の層からだということです。

女性ごとに求めているものは違うのです。

とはいえ、三井寿の脆さが女性から好かれることもあるということです。

これは、完璧な男がモテるわけではないという証明でもあるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする