無料プレゼント(期間限定)

【初対面の女性への接し方(考え方)】いい人がモテない理由は吊り橋効果とギャップ

【初対面の女性への接し方(考え方)】いい人がモテない理由は吊り橋効果とギャップの記事アイキャッチ

奥手とまる君

初対面の女性にはどうやって接するのが正解なんですか?

いつも初対面で失敗して次につながらないので・・

野原すすむ

奥手くんは「いい人」なので、おそらく女性に丁寧に接しすぎなんだと思いますよ

必要以上に女性を気遣いすぎていませんか?

奥手とまる君

丁寧というか、礼儀はちゃんと守ってるつもりですけど・・

それの何が悪いんですか?

野原すすむ

悪いことじゃありませんが、それだけでは女性の中に恋愛感情が生まれにくいんです

そして女性は、恋愛感情が全くない男性とは次にまた会おうとはしないんです

奥手とまる君

丁寧に礼儀正しく接していたら、女性にモテないってことですか?!

横柄で礼儀知らずな男性の方が女性にモテるとでも?!

野原すすむ

それは誤解です、そんな極端な話じゃありません

「なぜ丁寧に接するとモテないのか?」は難しい話ですので、これから詳しく解説しますね

初対面の女性への接し方(基本)

結論から先に申します。

初対面の女性に対する接し方の正解不正解は以下のとおりです。

初対面の女性に対する接し方

❌  女性を優しく気遣ってあげる

 笑顔で人当たり良く接する

⭕️  女性にナメられないように接する

注)ここでいう初対面とは「初めて会ってから10分くらいまで」を指す

奥手とまる君

ええ?!いきなり意味不明なんですけど・・

女性を優しく気遣ってあげるのが悪いって・・どういうことですか?

野原すすむ

おそらくほとんどの人が納得しないと思います

ですから、理由をこれから詳しく説明しますね

ここで記事を批判する人が多いので、最初に言っておきます

「初対面の相手に礼儀正しく接するのは大人として常識である」

・・そんなことは百も承知です

承知の上で「それではモテない」と言ってます

吊り橋効果で説明できる恋愛心理

まず、恋愛感情が起こるメカニズムから説明します。

恋愛感情が起こるメカニズム

恋愛感情は、感情が大きく揺れることで発生する

【吊り橋効果の例】
吊り橋が揺れて不安や恐怖を感じている時に出会った相手には恋愛感情を抱きやすいという効果のこと
※「この相手に対して自分はドキドキしている」と心が勘違いする現象

初対面の女性を気遣うのは礼儀として当然のことです。

ただ、気遣ってあげたところで、女性からは「いい人だな」くらいにしか思われません。

いい人だと思われるのは悪いことじゃありませんが、女性の感情にはほとんど動きがないんです。

「いい人だな」=「ドキドキする」・・とはならないことは想像できると思います。

そのため、女性を気遣ってあげるだけではモテないんです。

これこそが「いい人はモテない」といわれる理由です

いい人であることは素晴らしいことです

ただ、恋愛感情を起こさせるには、それだけは不十分なんです

恋愛感情が発生するメカニズム

初対面の女性を気遣ってあげたり、笑顔で人当たり良く接することは、何も悪いことじゃありません。

ただ、そのコミュニケーションでは女性に安心感しか与えることができません。

奥手とまる君

安心感を与えることの何が悪いんですか?

野原すすむ

悪いことじゃありませんよ

ただ、それだけではモテないということです

人間の感情には「安心感」「楽しい」「つまらない」「不安」「恐怖」と色々あります。

そして恋愛感情は、こういった感情が大きく動けば動くほど発生しやすくなります。

安心感だけで動く感情は小さいので、他の感情も与えていかないと恋愛感情は起こりにくいわけです。

普通にしていてもモテる男性は、安心感以外の感情を自然と与えることができているに過ぎない

普通にしていたらモテない男性は、このことを意識してほしい

いい人がモテない理由

「いい人はモテない」とよくいわれますが、その理由は女性からナメられているからです。

誤解のないように言っておきますが、いい人であること自体は何も悪いことじゃありません。

ただ、いい人は女性に安心感以外の感情を与えられないので、結果的に女性からはナメられてしまうことが多いんです。

女性を気遣って優しく接するのは良いことですが、それだけでは恋愛感情は発生しないんです。

これが恋愛の難しいところです。

「こんなに優しくしてるのに、なぜあんな冷たい男に負けるのか」

昔の私はこれが理解できずに悩み続けてきました

いい人でモテない男性は、このことに早く気づいてください

第一印象は3秒で決まる(メラビアンの法則)

メラビアンの法則によると、人間の第一印象は3秒で決まるといわれています。

メラビアンの法則
  • 視覚情報(見た目) :55%
  • 聴覚情報(声)   :38%
  • 言語情報(会話内容):7%

わずか3秒間ではロクに会話もできないため、第一印象の半分以上は視覚情報(見た目)で決まります。

恋愛の第一印象で女性にナメられると・・もうモテない

恋愛においても第一印象は重要です。

第一印象で女性にナメられてしまうと、その後なにを言っても良い風に受け取ってもらえないからです。

人間は相手に持っているイメージによって感情が変わる

【例】

  • 仕事ができる上司に注意された
    → そこまで腹は立たない(この人には言われても仕方ない)
  • 仕事もロクにしない同僚に注意された
    → 腹が立つ(お前に言われたくない)

そして第一印象はわずか3秒・・つまり、見た目だけで女性にナメられることは十分にあるということです。

そのため、まずは第一印象で女性にナメられないことが大事です。

女性にナメられて格下と思われてしまうと・・もうモテることはないからです。

格下と思っている男性に恋愛感情を持つ女性はいない

クズなのにモテている男は、女性からは格下と思われないように振る舞っている

いい人すぎて女性にモテない男性は演技をすること

初対面の女性に横柄な態度で接してしまい、それが原因でモテない男性は少数派です。
(少数派な上にただのバカなので放っておきます)

初対面の女性に丁寧に接しすぎており、それが原因でモテない男性が多数派です。
(心当たりのある人も多いと思います)

つまり、いい人すぎてモテないんです。

ただ、いい人であることは悪いことばかりじゃありません。

いい人ほどギャップを利用できるからです。

女性

この人・・実はいい人なんだ!

この人・・実は優しいんだ!

この人・・実は誠実なんだ!

この「実は」を女性に与えることがギャップです。

いい人であることは最後にバレた方が好印象なんです。

ですから、本当の自分を変える必要は一切ありません、いい人のままでいいんです。

ただ、最初だけは演技してください。

いい人や誠実であることは、後のギャップに使えます

そのためには少しだけ・・演技してください

「良いギャップ」と「悪いギャップ」の違い

初対面の女性から第一印象で「いい人」「礼儀正しい」「優しい」と思われると・・実は不利なんです。

「いい人」「礼儀正しい」「優しい」というのはプラス側の感情だからです。

女性の感情を動かすにはマイナス側の感情も与える必要があり、それは「不安」「怖い」「わからない」といった感情です。

ここで例をあげますので、少し想像してみてください。

最初は「いい人」「礼儀正しい」「優しい」と思っていた人が、

だんだんと「不安」「怖い」「わからない」と感じてきた

・・なんだか嫌ですよね?

では、この順番を逆にしてみます。

最初は「不安」「怖い」「わからない」と思っていた人が、

だんだんと「いい人」「礼儀正しい」「優しい」と感じてきた

・・この方が好印象ですよね?

両方ともギャップには違いありませんが、前者は悪いギャップで、後者は良いギャップなんです。

ヤクザのような強面の男性が野良猫と戯れていたら・・なんだかいい人に見えてきませんか?

それが良いギャップなんです。

最初に「いい人」だと思われると、恋愛では不利になりやすい

「いい人」であることは最後にバレた方が良い

「実はいい人」のギャップを女性に与える

以上の理由から、初対面の女性には「いい人以外の部分を見せていく」ことが大事です。

そのため、必要以上に気遣ったり、女性に遠慮しすぎる接し方はマイナスでしかありません。

心配しなくても、あなたが本当にいい人なら、いい人であることはいずれ女性にバレます。

頑張って演技していても、ちょっとした時に自分の本質が必ず出ます。

そして、「実はいい人」だとバレると・・それがギャップになります。

ですから、いい人であることはむしろ隠した方が良いのです。

男性は女性に比べると演技が下手なので、隠していてもいつかバレる

だから「いい人」ほどそれを隠して演技した方が良い、どうせバレるので

初対面の女性は警戒心を解くこと

恋愛でモテるためには、女性の警戒心を解く必要があります。

そして、警戒心を解くためにも「いい人以外の部分を見せていく」ことが重要になってきます。

女性

【自分を「いい人」に見せようとしてくる男に対して】

自分のことを信じさせて、この人は一体何を企んでいるんだろう・・

ちょっと疑って警戒した方がいいかも・・

女性

【「いい人」を隠そうとする男に対して】

一見普通なんだけど、いい人の部分が見え隠れするなあ・・

本当はすごくいい人なのかなあ・・

このように、最初は「いい人」だと思わせないようにした方が、女性は警戒しないものです。

そして、「いい人」であるかどうかは、他人が決めることです。

自分で「いい人」をアピールしても、相手がそう思わなければ「いい人」という評価にはなりません。

ですから、「いい人」をアピールしても意味がありません。

そんなことをしなくても、この恋愛技術を使ってもらえば最終的には「いい人」だと女性に思ってもらえます。

良いことばかり言われると、かえって警戒するのが人間

詐欺の商法はこれと同じで、詐欺を仕掛けてくる人は良いことばかり言う

初対面の女性への接し方(具体的な方法・手順)

初対面の女性への接し方(最初の10分まで)として、具体的な方法は以下の手順になります。

初対面の女性への接し方(最初の10分まで)
  1. タメ口で話して名前も呼び捨てで呼ぶ
  2. 笑顔と丁寧すぎる挨拶はいらない
  3. あまりしゃべらずに演技して、店員には礼儀正しく
  4. 注文する時の行動で男らしさと頼りがいをアピール

詳しくは以下の記事で解説します。

【初対面の女性への接し方①】敬語・さん付けよりタメ口・呼び捨ての方がモテる理由の記事アイキャッチ

【初対面の女性への接し方①】敬語・さん付けよりタメ口・呼び捨ての方がモテる理由

【初対面の女性への接し方②】媚びる男より笑わない男がモテる理由の記事アイキャッチ

【初対面の女性への接し方②】媚びる男より笑わない男がモテる理由

【初対面の女性への接し方③】しゃべりすぎる男と店員への態度が悪い男はモテないの記事アイキャッチ

【初対面の女性への接し方③】しゃべりすぎる男と店員への態度が悪い男はモテない

【初対面の女性への接し方④】店で注文する時の行動で女性にアピールするの記事アイキャッチ

【初対面の女性への接し方④】店で注文する時の行動で女性にアピールする

まとめ(結論)

吊り橋効果でも実証されているとおり、恋愛感情は「感情が大きく揺れることで発生する

女性を気遣ってあげるコミュニケーションだけでは安心感しか与えることができないため、感情が大きく揺れることはなく女性の中に恋愛感情が発生しにくい(いい人がモテない理由でもある)

第一印象は3秒で決まるため、見た目でナメられてしまうと女性から好印象を得るのは難しくなる

いい人でモテない男性ほど、初対面の女性には演技をして「いい人以外の部分を見せていく」コミュニケーションを取った方が良い

最初はいい人をアピールしない方が後のギャップになるだけでなく、女性の警戒心を解きやすくなる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。