裏技テクニックを無料プレゼント!

敬語よりタメ口混じりの方が女性との距離感が縮まる恋愛心理(移行するタイミングはいつから?どう使い分ける?)

敬語よりタメ口混じりの方が女性との距離感が縮まる恋愛心理(移行するタイミングはいつから?どう使い分ける?)の記事アイキャッチ

奥手とまる君

女性と恋愛するにはタメ口の方が良いって聞くけど、その理由を教えてもらえませんか?

野原すすむ

タメ口の方が良い理由は、敬語のデメリットを知ると理解しやすいと思います

【敬語のデメリット】
①:距離感が縮まりにくい
②:立場が下になってナメられやすい
③:女性の感情が揺れにくい
④:口説く時(告白)に違和感が出る

だからタメ口の方が良いんです

奥手とまる君

でも、最初からいきなりタメ口で話すと女性から嫌われませんか?

野原すすむ

ケースにもよりますが、9割の女性は最初からタメ口でも嫌ってはこないですよ
(職場の先輩女性とかにはダメです)

ただ、そういう心配もあると思うので、敬語からタメ口混じりへと徐々に移行すれば大丈夫です

奥手とまる君

タメ口に移行してもいいタイミングとかあります?

野原すすむ

タイミングというか、むしろ最初からタメ口の方が色々メリットが多いんです

では「敬語よりタメ口混じりの方が女性との距離感が縮まる恋愛心理」について詳しく解説しますね

【動画解説はコチラ ↓】

※お役に立てましたらチャンネル登録よろしくお願いします!

敬語よりタメ口の方が女性にはモテる

「女性からモテるためには、タメ口で話した方が良い」という意見が多いですが、これは正解です。

実際に、モテない男性ほど敬語で話しており、モテる男性ほどタメ口で話しています。

とはいえ、タメ口がどうしても苦手という男性はたくさんいます。

そのため、「どうやってタメ口に変えていくか」その方法をこれから解説します。

タメ口の方がモテる恋愛心理(敬語のデメリット)

社会の通用語は基本的に敬語です。

初対面の人には礼儀正しく敬語で話すのが常識であり、日本人は特にこの傾向が強いです。

ただ、恋愛の世界ではこの常識から外れる必要も出てきます。

女性と敬語ばかりで話していると、恋愛ではこういうデメリットが生じるからです。

敬語のデメリット
  1. 距離感が縮まりにくい
  2. 立場が下になってナメられやすい
  3. 女性の感情が揺れにくい
  4. 口説く時(告白)に違和感が出る

では一つずつ解説していきます。

敬語のデメリット ①:距離感が縮まりにくい

敬語とタメ口の違いは「安全かどうか」です。

敬語:人に嫌われることは基本ない

タメ口:上司や先輩には怒られるかもしれないし、初対面の女性には嫌われるかもしれない

敬語で話すのは「安全地帯から話す行為」なので、嫌われるリスクはありません。

ただ言い換えると・・相手の懐に飛び込まない行為ともいえます。

恋愛関係とは?

あらゆる人間関係の中で最も距離感が近い関係
(キスやセックスをするのは基本的に恋人同士だけ)

女性と恋愛関係になるということは、キスやセックスができるくらいに距離感を縮めることを意味します。

タメ口も通せない関係で、キスやセックスができるわけがありません。

安園地帯から敬語で話していても、距離感は一向に縮まらないのです。

敬語は安全である一方で「相手に距離を突きつけている行為」でもある

敬語のデメリット ②:立場が下になってナメられやすい

恋愛では、男性の立場が下だと100%失敗します。

最低でも対等で、男性の方が立場が上であるのが理想です。

敬語は言葉のとおり相手を敬う言葉遣いですが、敬うという意味は「上位・高位の者に礼を尽くす」ということです。

つまり、敬語で話している時点で「自分よりも女性の方が立場が上」と認めているようなものなんです。

奥手とまる君

敬語を使っただけで立場が下になるとは思えません!

敬語を使っても上の立場に立てる男性はいくらでもいるでしょ!

野原すすむ

敬語のままで上の立場に立てる男性は、エリートや著名人くらいですよ

つまり、最初から尊敬されているような男性だけです

そんな男性を基準に考えるのが間違いで、一般の男性を基準に考えるべきです

職場の上司を想像してみてください。

・上司A:常にタメ口かつ呼び捨てで呼んでくる

・上司B:常に敬語で名前もさん付けで呼んでくる

人間は勝手な生き物で、上司Aに比べて上司Bのことは多少ナメてしまうところがあります。

上司Bが優秀で立派な人なら誰もナメたりしませんが、何も情報を知らない状態ならナメることもあるわけです。

女性がすでにこちらのことを立派な人だと思ってくれているなら、タメ口は必要ありません。

しかし、こちらのことを知らない状態なら、タメ口を使った方がナメられにくいのです。

ナメられている状態で女性を落とすことは絶対に不可能

敬語のデメリット ③:女性の感情が揺れにくい

女性と恋愛関係になるためには、女性に恋愛感情を持ってもらう必要があります。

そしては恋愛感情は、感情が大きく動くほど発生しやすくなります。

いい人で優しくて条件も良い人がモテない理由
  • 女性の感情がプラス側(楽になる側)にしか動かない
  • 感情の振れ幅が小さいから恋愛感情が生まれにくい

敬語で話されても、女性はドキッとすることもなく、ただ安心するだけです。

安心感を与えるのは良いことですが、安心感だけでは恋愛感情は生まれにくいのです。

タメ口にはリスクもありますが、そのリスクをとっていかないと女性の感情を揺らすことはできません。

嫌われるリスクはあるが、嫌われることを恐れている男性を好きになる女性もまたいない

敬語のデメリット ④:口説く時(告白)に違和感が出る

女性を落とすには、最終的に口説く(または告白する)必要があります。

女性にアプローチする男性

ここで邪魔になるのが敬語です。

敬語で女性を口説く場合

「俺と付き合ってください」
「無理ですか?」
「どういうところが難しいですか?」

タメ口で女性を口説く場合

「俺たち付き合おうか」
「嫌じゃないだろ?」
「なんか心配事でもあるわけ?」

どっちの方が自然で違和感がないか一目瞭然です。

敬語で礼儀正しく口説いても成功する時はもちろんありますが、それは女性の好感度がかなり高い場合の話です。

奥手とまる君

女性の好感度が高い状態で口説くのは当たり前のことでは?

その状態まで持っていくしかないわけでしょ?

野原すすむ

それが難しいから皆が恋愛で悩んでるんですよ・・

女性の好感度を上げるのが一番難しいんです

好感度が上がりきってる状態で口説けるケースなんてほとんどありませんよ

敬語のまま女性を口説けるならこんなに楽な話はありません。
(私もそうしたいくらいです)

経験上それが難しいことがわかっているので、タメ口で女性を口説くことをオススメしています。

何より、タメ口の方が男らしさが出るので、女性の感情をより刺激できる上に、自然と押しも強くなります。

敬語でも女性を口説ける時は、何をやっても成功する楽なパターン
(ただし、そんなパターンはほとんどない)

敬語からタメ口に移行するタイミングはいつから?

最初からいきなりタメ口で話すことに抵抗がある男性は多いので、「いつからタメ口に移行していいのか?」が気になるところだと思います。

その答えは、最初からです。

移行するタイミングどころか、最初から敬語は一切使わないということです。

奥手とまる君

そんなの失礼でしょ!

嫌われたら責任とってくれるんですか?

野原すすむ

意外かもしれませんが、9割の女性は最初からタメ口でも嫌がりませんよ

嫌がる女性がいた時は「敬語に戻す」or「敬語とタメ口混じりで話す」に切り替えれば大丈夫ですよ

もちろんケースにもよるので、職場の先輩女性とかにいきなりタメ口で話すのはダメですよ

前述したとおり、女性を口説く時にはタメ口が必要になってきます。

敬語で話していても、いつかタメ口に変えていかないといけないわけです。

しかし、敬語から急にタメ口に変えると・・女性はビックリして逆に警戒します。

女性

え?急にタメ口?

「もうこの女はイケる」とか思われてるのかな?

ちょっと図々しいんだけど・・

どのタイミングで切り替えても、女性からはこういう風に思われます。

知らない男性を警戒するのは当たり前なので、それなら最も警戒されている最初の段階でタメ口を通した方が後が楽です。

一旦警戒心を解いたのに、急にタメ口に変えたことでまた警戒されるのは面倒だからです。

どうせタメ口に変えることになるので、それなら最初からタメ口の方が安全かつ楽

【タメ口が苦手な男性】敬語とタメ口混じりを使い分ける

とはいえ、「最初からタメ口で話すのは無理」という男性も多いので、使い分ける方法も説明します。

敬語とタメ口を使い分ける流れ(初対面の場合)
  • 「初対面だから緊張しますね」(敬語)
  • 「俺は◯◯にするけど、何頼みます?」(タメ口混じり)
  • 「今日は寒いね、電車で来ました?」(タメ口混じり)
  • 「へー、◯◯線って混んでなかった?」(タメ口)

こんな感じで、「敬語」→「敬語とタメ口混じり」→「タメ口」と徐々に切り替えていくわけです。

これなら女性も失礼とは思いませんし、もし嫌そうな顔をされたら敬語中心に戻せばOKです。

大事なことは、女性にタメ口に慣れてもらうことです。

急に変えると不自然なので、徐々に変えていく方が自然に受け入れてもらえる

【注意】初対面のタメ口を嫌がる女性もいる

「9割の女性は最初からタメ口でも嫌がらない」と言いましたが、中には「初対面のタメ口は絶対NG」という女性も少しいます。

女性

初対面の相手に敬語を使えない人は非常識としか言えない!

いきなりタメ口で話してくるのは軽い男ばっかだし!

タメ口の時点でもうアウト!

こういう女性は捨ててください。

私の経験上・・ロクな女がいないんですよ。。。

誤解されないように言っておきますが、私の得意分野は「真面目でお堅い女性」です。

ただ、私が相手にしている真面目でお堅い女性でも、ここまで極端な考え方はしていません。

初対面のタメ口をここまで嫌がる女性には、気が短くて情緒不安定な人が多いんです。
(ネットで他人を誹謗中傷するタイプ)

ですから、タメ口で嫌われることを恐れる必要はありません。

「変な女が勝手に消えてくれるから助かる」くらいに思っておけばいいです。

こういう女性のために敬語を使うよりも、9割の女性のためにタメ口を使った方が成功率は高い

【例外】LINEやマッチングアプリのメッセージは敬語から入ること

奥手とまる君

マッチングアプリのプロフィールに、
「最初からタメ口の人には返事しません!」
って書いてる女性がたくさんいるんだけど・・

それでもタメ口で大丈夫なんですか?

野原すすむ

そこだけは例外です

タメ口の方が良いのは、直接会っている時の話です

マッチングアプリやLINEのメッセージは、最初は敬語から入った方が良いです

「直接話す」のと「文章で話す」のは全然違います。

タメ口は文章にすると「軽い」「失礼」「馴れ馴れしい」「頭悪そう」という印象を与えてしまいがちです。

タメ口で話した方が良いのは直接会っている時だけです。

マッチングアプリでメッセージを送る時や、知り合ったばかりの女性に送るLINEは、敬語から使うようにしてください。

最初は敬語で、徐々にタメ口混じりに変えていくのはOK

【マッチングアプリ(ペアーズ、ウィズ)の完全攻略記事はコチラ ↓】

マッチングアプリ「Pairs(ペアーズ)」攻略まとめ(全60回・男性編)の記事アイキャッチ

マッチングアプリ「Pairs(ペアーズ)」攻略まとめ(全60回・男性編)

マッチングアプリ「with(ウィズ)」攻略まとめ(全45回・男性編)の記事アイキャッチ

マッチングアプリ「with(ウィズ)」攻略まとめ(全45回・男性編)

まとめ(結論)

モテない男性ほど女性には敬語で話して、モテる男性ほど女性にはタメ口で話している(タメ口の方がモテる)

タメ口の方がモテる恋愛心理
【敬語のデメリット】
 ①:距離感が縮まりにくい(敬語は相手に距離を突きつける)
 ②:立場が下になってナメられやすい(敬う時点で相手の方が上)
 ③:女性の感情が揺れにくい(安心感しか与えられない)
 ④:口説く時(告白)に違和感が出る(タメ口の方が男らしくて押しも強くなる)

敬語からタメ口に移行するタイミングはなく「最初からタメ口」がオススメ(途中からタメ口に変えると女性は警戒する)

タメ口が苦手な男性は、敬語とタメ口混じりを使い分けて、徐々にタメ口へ変えていく

初対面のタメ口を嫌がる女性もいるが、無視すればOK(どうせロクな女じゃない)

LINEやマッチングアプリのメッセージだけは例外で、敬語から入った方が良い(タメ口は文章にすると印象が悪くなる)

登録直後に裏技テクニックをプレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。