無料プレゼント(期間限定)

【モテる会話テクニック③】女性と恋愛話で盛り上がる会話例(質問の仕方・好意の伝え方)

【モテる会話テクニック③】女性と恋愛話で盛り上がる会話例(質問の仕方・好意の伝え方)の記事アイキャッチ

奥手とまる君

女性には恋愛話が有効って聞きましたけど、ホントですか?

野原すすむ

ホントです、女性と仲良くなるには恋愛話が最も有効です

真面目な男性ほど女性と恋愛話をすることを避けますが、恋愛関係になりたいなら恋愛話は必須だと思っておいてください

奥手とまる君

そんなに重要だったんですか?!

でも、恋愛話なんてしたら女性にチャラいと思われませんか?

野原すすむ

職場の女性と話すのなら別ですが、出会いの場で会った女性と恋愛話をするのは普通のことですよ

恋愛したいと思ってる女性は、必ず恋愛話に乗ってきます

奥手とまる君

そういうもんですか

でも、どうやって恋愛話を盛り上げていけばいいのか・・それがわからないんです

野原すすむ

恋愛話をするのにもコツがありますからね

では、恋愛話の会話例(質問の仕方・好意の伝え方)を解説しますね!

女性は恋愛話が大好き(女子会は恋バナがほとんど)

女性は三度の飯より恋愛話が大好きです。

その証拠に、女子会で話している内容の9割以上は恋バナです。

男の噂話をする女たち

女性の趣味は「会話」と「恋愛」ですから、この2つを満たせる恋愛話は当然好きなわけです。

そのため、女性は恋愛話には基本乗ってきます。

「話題に困ったら恋愛話」と覚えておいてください

恋愛話をしない(したくない)男性は多い

私は初対面の女性とは必ず恋愛話をするようにしていますが、嫌がられたことは一度もありません。

それどころか、喜ばれることがほとんどです。

その理由は「女性は恋愛話が好きだから」だけではなく「恋愛話をする男性が少ないから」でもあります。

男性

恋愛話なんてちょっと恥ずかしいし・・

恋愛話なんてしたらチャラいと思われそうだし・・

それに自分の恋愛観とかあまり話したくないし・・

・・こんな風に思っている男性は決して少なくはありません。

だからこそ、女性にとって恋愛話ができる男性は貴重です。

恋愛をしようというのに、恋愛のことを話さないのはナンセンスです

嫌でも恥ずかしくても、恋愛話はするべきです

恋愛話を避ける女性とその理由

ただ、こういう男性もいると思います。

男性

恋愛話が有効って聞いたから振ったのに、女性にはすごく嫌がられたぞ!

女性に嫌がられた理由は2つ考えられます。

恋愛話を女性が嫌がった理由
  1. 女性と全く打ち解けていない段階で恋愛話を振ってしまった
  2. 恋愛に興味がない状態の女性に恋愛話を振ってしまった

では一つずつ解説します。

①:女性は心を開いていない男性との恋愛話は嫌がる

恋愛感情は、人間が持つ感情の中でも強い方です。

そして、デリケートな感情でもあります。

そこに土足で踏み入っていくことになるので、恋愛話には当然リスクもあります。

女性

お互いのことをまだ何も知らないのに、どうして私の秘密の部分を話さないといけないわけ?!

まだ全然仲良くない関係なのに、私の領域に勝手に入ってこないでよ!

このように、恋愛話をしたことで女性に警戒されてしまう恐れもあります。

そのため、恋愛話は女性と少し打ち解けてから話すようにしてください。

【初対面の女性と打ち解ける会話術はコチラ

【女性との会話術①】会話が苦手な男性でも盛り上がる話題ネタの記事アイキャッチ

【女性との会話術①】会話が苦手な男性でも盛り上がる話題ネタ(芸能・地域・事件・時事)

【女性との会話術②】自己開示の会話例と質問例(仕事・趣味・家族・恋愛)の記事アイキャッチ

【女性との会話術②】自己開示の会話例と質問例(仕事・趣味・家族・恋愛)

②:「今は恋愛に興味がない」という女性は恋愛話をしたくない

ほとんどの女性は恋愛話が好きですが、もちろん例外もいます。

恋愛話をしたくない女性(例)
  • 彼氏と別れたばかりで、今は恋愛のことを考えたくないという女性
  • 恋愛から離れすぎていて、楽しさやリアル感を忘れてしまっている女性
  • 恋愛経験がゼロだから、恋愛のことが何もわからない話せないという女性
  • 仕事が忙しすぎたり悩んだりで、恋愛のことを考える余裕がない女性
  • 趣味に夢中で、恋愛よりも趣味の話をしたい女性

こういう状態にある女性は、恋愛話を振ってもあまり乗ってこないことがあります。

ですから、女性の反応が悪い場合は無理に恋愛話を続ける必要はありません。

ただ、これは女性の気分次第なところもあるので、時が経てばまた恋愛話に乗ってくることもあります。

また、マッチングアプリなど出会いの場で会った女性は100%恋愛話に興味があるので、女性の反応が悪い場合は「①:女性がこころを開いていないことが原因」と考えてください。

恋愛話をする利点:女性が好きな男性のタイプがわかる

ここまで恋愛話をオススメするのは、恋愛話には利点があるからです。

恋愛話の利点
  1. 女性が乗ってきやすい話題なので会話が盛り上がる
  2. 女性が好きな男性のタイプが見えてくる

この「②:女性が好きな男性のタイプが見えてくる」が重要です。

女性が好きな男性のタイプは、女性ごとで様々です。

女性の好みは一つじゃない
  • 自分勝手で自己中な男性が好きな女性もいる
    (こういう女性は自分の意思があまり強くないので、強気な男性に引っ張ってもらいたいと考えている)
  • 自分に優しくしてくれる男性が好きな女性もいる
    (こういう女性は自分の意思がハッキリしているため、上からモノを言ってくるような男性よりも、自分を受け入れてくれる心の広い男性を好む)

そのため、全ての女性に同じアプローチをしても、成功する女性と失敗する女性が出てきます。

だからこそ、恋愛話の中で「女性が好きな男性のタイプ」を探る必要があります。

女性の好みがわかる利点
  • 恋愛話で「女性が好きな男性のタイプ」や「女性が嫌いな男性のタイプ」を聞く
  • 女性が好きな行動だけを真似て、女性の好感度を上げることができる
    (女性が嫌がることも未然防止できるので、失言や失敗も防げる)

女性の好みがわかれば、恋愛の成功率は飛躍的に向上する

【注意】女性の言葉をそのまま信用しないこと

ただ、恋愛話で女性の好みを聞く上で注意してほしいことがあります。

それは、女性の言葉をそのまま信用しないことです。

奥手とまる君

え!どういうことですか?!

信用できないような話をわざわざ聞く必要があるんですか?

野原すすむ

ごもっともですが、要は聞き方の問題なんです

理解してもらうために、これから会話例を挙げて説明しますね

例えば、こういう恋愛話を女性に振ったとします。

男:好きな男のタイプは?

女:うーん、優しい人かな。

ここで「この女性は優しい男がタイプなんだな」と判断してはいけません。

なぜなら、女性は「聞かれたからなんとなく答えただけ」という可能性が高いからです。

そのため、引き続きこういう質問をする必要があります。

男:じゃあ、実際にこれまで付き合ってきた彼氏たちも皆優しかった?

女:うーん、そう言われるとそうでもないかも。

・・アッサリと女性の回答が変わっています。

「優しい男性がタイプだと言ったのに、実際に付き合ってきた男性たちは優しいわけでもなかった」

こういうことが日常茶飯事なので、女性の言葉をそのまま信用するのは危険です。

そして、この場合における真実は「2回目の質問に対する回答」です。

つまり、この女性は「男性にはさほど優しさを求めていない可能性が高い」ということになります。

「好きなタイプは?」という質問には、女性は適当に答えることが多いので信用しないこと

女性が本当に好きな男性のタイプを知る方法

上記の会話例において、女性は嘘を突いたわけではありません。

「優しい男がタイプ」というのは、この女性自身も思っていることだからです。

ただ、女性自身が自分の本当の好みに気づいていないだけです。

自覚していないことは答えられないからです。

女性

優しい男性と付き合いたいって本当は思っているのに・・

実際に好きになってしまうのは、なぜか優しくない男性ばかりで・・

このように、理想と現実が違っていて、理想の方だけを答えてしまう女性も多いのです。

ただ、女性が意図的に嘘を突く場合も当然あります。

女性

本当はイケメンが好きなんだけど「見た目は気にしない」って言っておこう

その方が嫌われなくて済むし

わざわざ嫌われるようなことは言いたくないので、こうやってカッコつけるのは普通のことです。

そのため、女性が好きなタイプは事実情報だけを信用するようにしてください。

事実情報
  • 女性が実際に好きだった男性のタイプ
    (または付き合っていた元彼のタイプ)
  • 女性が実際に嫌っていた男性のタイプ
    (または元彼を嫌いになった理由)

「好きなタイプは?」という質問だけでは、女性が真に求めている男性のタイプを知ることはできません

必ず「実際の話」も聞くようにしてください

会話例:恋愛話で女性の好きなタイプを聞き出す方法

では、実際に女性と恋愛話をしている会話例を挙げます。

男:芸能人で好きなタイプって例えばどういう人?

女:最近は菅田将暉とか福士蒼汰とか、かな。

男:あー、イケメンだもんなあ。じゃあ実際に付き合う人もイケメンが多い?

女:いやいや、そんなイケメンいないし。

男:確かに確かに。じゃあ付き合ったりする人は別にイケメンでもない感じ?

女:そうだね、嫌いな顔じゃなかったけどイケメンってわけでもなかったかな。

男:まあ付き合う人は性格や考え方も合わないと辛いしね。

女:そうだね。

男:じゃあ、「男らしいけど自己中であんまり優しくない人」と「あんまり男らしくないけどすごく優しい人」だったらどっちが好き?

女:えー、難しい。

男:だから聞いてる。男らしくて優しい人が好きって聞いたら「うん」って言うに決まってるでしょ。

女:まあそうだけど。

男:そ、だからこの二択。このどっちかと付き合わなきゃいけないとしたらどっち?

女:うーん、それだったら・・男らしくなくても優しい人かなあ。

男:あ、そっち選ぶかあ。じゃあ実際に付き合ってきた彼氏もそのタイプが多い?

女:いや、実際に付き合うのはそっちじゃないかも。

男:男らしいけどあんまり優しくなかった人ってこと?

女:まあどっちかといえば。でもタイプはバラバラだったかも

男:バラバラか。じゃあ一番好きだった彼氏はどっちのタイプだった?

女:一番好きだった人かあ、あー、やっぱそっちかも。

男:男らしいけど自己中だったと?

女:うん、まあ。

男:その人とはどうやって出会ったの?

女:合コンだったかな。

男:合コンかあ。じゃあ合コンの時からもう気に入ってた?

女:いや、合コンの時はそうでもなかったかな。

男:二人で会ってから好きになってきたってこと?

女:うん、そんな感じ。

男:どういうところで好きになってきた?

女:うーん、しゃべってたら楽しかったし、なんか居心地良かったというか。

男:やっぱよくしゃべる人の方が良いよね?

女:そうだね、しゃべらない人よりは。

男:男からどんどん提案したり決めてくれたりするところが居心地良かったってこと?

女:うんうん、そんな感じ。

男:付き合おうって言ってきたのは向こうから?

女:うん。

男:向こうから言ってこなかったら自分から言った?

女:いや、自分からはちょっと言えない・・

男:そりゃそうだよな。こういうのは男から言うものだと俺も思う。

女:女からはちょっとね。

男:なるほど。好きなタイプは、よくしゃべって、決断力があって、男らしい・・まさに俺のことだ。

女:えー、そうなの?

男:おう、まんま俺のことだよ。だから俺のことも良いと思うだろ?

女:いやいや、まだわかんないし。

こういう感じで、恋愛話をしながら女性から情報をどんどん引き出してください。

会話例で引き出している女性の好み情報

女性が好きな男性のタイプは、理想と現実の両方を聞いている

  • 最初は「芸能人で好きなタイプは?」や「どんな人がタイプ?」といった感じで、ザックリとした理想を聞いている
  • その後で「実際に付き合った人はどんなタイプ?」と現実も聞いている
  • 理想に対しては「男らしくないけどすごく優しい人がタイプ」と女性は答えている
  • 現実に対しては「男らしいけど自己中であんまり優しくない人」と女性は答えている
    (これが正解であり真実)

いきなり元彼の情報を聞くと女性に警戒されてしまう恐れがあるので、まずはザックリした理想から聞いていく方が安全です

恋愛話の中で女性に好意を伝える方法

上記の会話例のポイントは他にもあります。

女性にさりげなく好意も伝えている

「自分は女性が好きなタイプに近い」ということをさりげなく伝えている

  • なるほど。好きなタイプは、よくしゃべって、決断力があって、男らしい・・まさに俺のことだ。

恋愛話は女性の情報を得るのに有効ですが、情報収集だけで終わっていたらもったいないです。

恋愛話は、女性の感情を刺激しながら自分をアピールするチャンスの場でもあるのです。

そのために有効な言い回しが、女性に好きなタイプを聞いてから「そのタイプはまさに俺のことだよ」と好意を伝えることです。

奥手とまる君

でも、そんな言葉を女性が信じてくれるんですか?

野原すすむ

女性が信じるか信じないかは、この際問題ではありません

「君の好きなタイプは俺だよ」と言った事実があればそれで十分なんです

信じられなくても、そう言われるとなんとなくそういう気になってくるのが人間だからです

信用するしないにかかわらず、こういうことを言われると女性は、

女性

本当にそうなのかな・・

・・と、こちらのことを意識してくれるようになります。

何より、こういうことを堂々と言える男性の方が、女性には「男らしい」と映ります。

好きなタイプを聞いただけで終わると「この人なんか探りを入れてきた」と思われて、女性に対して媚びている印象だけを与えてしまう恐れがあります

ですから、好きなタイプを聞いた以上は「へー、そういう男が好きなのか、それ俺のことだよ」と言い切ってしまいましょう

恋愛話の自己開示で伝えるべき内容

そして当然ながら、女性に質問ばかりしていたらダメです。

キチンと自己開示(自分の話)もしてください。

恋愛の自己開示で伝える内容
  • 自分の恋愛観
  • 自分の好きなタイプの女性
  • 過去の恋愛(元カノ情報)

自己開示するタイミングは、女性に質問した流れで行うと自然になります。

男:どういう恋愛が理想?

女:友達みたいな関係かな(どんな答えが返ってきてもOK)

男:俺は、9:1の割合で彼女が俺に甘えてるのが理想かな。やっぱり甘えさせてあげたい。そしてたまーに俺が甘える。

女性は本質的には男性に甘えたいと思っているので「甘えさせてあげる」という言葉は有効です。

この言い回しは多くの女性に使えますので、アレンジして活用してみてください。

また、多くの女性が好む男性のタイプは以下のとおりですので、参考にしてください。

多くの女性が好む男性のタイプ
  • 負けん気が強い
  • トラブルが起こっても焦らない
  • 何をしてでも生きていける
  • 俺に甘えてこい
  • 一番大事なのは家族や友達や恋人
  • 店員やお年寄りには親切丁寧に
  • どんなことがあっても守ってやる

まとめ(結論)

女性は恋愛話が大好きだが、恋愛話しない(したくない)男性が多いため、恋愛話ができる男性の方が重宝されてモテる

女性に恋愛話を嫌がられた場合の理由
 ①:女性がまだ心を開いていない時に恋愛話を振ってしまった
 ②:今は恋愛に興味がない状態の女性に恋愛話を振ってしまった

恋愛話の利点
 ①:女性が乗ってきやすい話題なので会話が盛り上がる
 ②:女性が好きな男性のタイプが見えてくる

女性が好きな男性のタイプは事実情報だけを信用すること
 ・女性が実際に好きだった男性のタイプ(または付き合っていた元彼のタイプ)
 ・女性が実際に嫌っていた男性のタイプ(または元彼を嫌いになった理由)

恋愛話は女性の感情を刺激しながら自分をアピールするチャンスの場でもあるので、会話の中で好意を伝えること

恋愛話の自己開示で伝えるべき内容
 ・自分の恋愛観
 ・自分の好きなタイプの女性
 ・過去の恋愛(元カノ情報)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。