真面目美女から愛されるための出会い・トーク・口説き方を無料プレゼント中!

【女の口説き方】完全拒否を避けるために関係の確定は求めずに押し続ける

女から完全拒否される男

女性を口説く時の押し方とさじ加減について説明します。

女性から完全拒否されないように口説く

押すべきか引くべきか悩む男

【女の口説き方】強引に押して拒否されても一貫性と自己正当化で切り返す

で解説したとおり、女性を口説く時は強引に押して、簡単には引かず、切り返し続けることが大事です。

そして、最後にこの2つを目指してください。

  • 女性からノーという返答を言わせない
  • 付き合うことを今確定させない

最も避けるべきは、女性から完全に拒否されてしまうことです。

完全に拒否をされてしまった場合、もうその女性とは恋愛関係になれません。

拒否を切り返し続けることは大事ですが、完全拒否という形にされてはいけないのです。

女性に確定を求めなければ完全拒否はされない

完全拒否を避ける方法は一つです。

それは、女性に確定を求めないことです。

これさえ守っておけば、女性から完全拒否されることはありません。

女性に「俺と付き合ってくれ」と言ってしまうと、女性はイエスかノーかの二択に迫られます。

イエスなら良いですが、ノーの場合は完全拒否になってしまいます。

「あなたとは付き合わない」という事実が確定してしまうからです。

ですから、こういう迫り方をしてはいけないのです。

今やることは、女性を口説くことであって、女性と付き合うことを確定させることではありません。

つまり、女性と恋愛関係になるのはもう少しだけ先の話になります。

今ここで関係性を決める必要はどこにもありません。

「俺は◯◯を良いと思ってる。◯◯も同じ気持ちだろ?」と、女性に好意だけを伝えて、女性の心に揺さぶりをかけ、その言葉を女性にもなんとなく認めさせるだけで十分です。

「俺は何も付き合うことを迫っているわけではない」

「ただ、自分の気持ちを伝えて、君の気持ちも聞いているだけだ」

「そして、君の気持ちも同じだと言わせたい」

求めるのはこれだけで、女性からイエスの言葉を無理に引き出す必要はありません。

なんとなく認めさせてしまえばそれで十分で、ノーと確定されなければ良いのです。

会話例「夜景スポットで女性を口説く場合」

以上を踏まえて、女性を口説く時の会話例を挙げます。

設定として「夜景スポットでデート中」ということにします。

まず、一般的に多いパターンの会話例から紹介します。

男:ほら、ここホントにキレイだろ?

女:うん、すごいキレイ。

(軽く会話しながら一緒に夜景を見た後、女性を後ろからハグする)

女:え?なになに?

男:ん?なんかこうしてると同じ視点で夜景見れるなあって。

女:えー、でも恥ずかしいよ。

男:そうか?周りもカップル多いし気にしなくても大丈夫だ。

女:そうかなあ。

(ここまでは布石で、ここから口説きに入ります)

男:俺さ、◯◯のこと良いと思ってるんだよ。

女:うん。

男:気が合うしさ、話してて楽しいし、あと女っぽくて可愛いしな。

女:うん。

男:◯◯も俺のこと良いと思ってるだろ?

女:えー、うーん・・

男:えーってなんだよ。

女:だっていきなりすぎるもん。

男:こういうことはいつ言ってもいきなりなんだよ。

女:うーん・・

男:俺のこと良いと思ってるだろ?

女:うーん、まだわかんないというか・・

男:まだわからんのか。じゃあ1分後にまた同じこと聞くからその間に気変わりしてくれ。

女:えー、無理だよ。

男:ワガママ言うでない。まだって言うから少し待つんじゃないか。

女:もっと待ってよ。

男:もっとか・・じゃあ2分後でどうだ?

女:変わってない変わってない。

男:倍にしただろ?大サービスも良いとこだぞ。

女:うーん・・いきなり言われても・・

男:俺と付き合えって言ってるわけじゃない。俺のこと良いと思ってるだろって聞いてるだけだぞ。

女:でもまだよくわかんないし・・

男:俺と一緒にいてつまんないか?

女:そんなことはないけど・・

男:だろ?俺が楽しいってことは◯◯も楽しいはずだからな。俺から良いと思われて迷惑か?

女:ううん、迷惑じゃないよ。

男:だろ?ちょっとは嬉しいだろ?

女:うん、まあ。

男:ってことは、◯◯も俺のこと良いと思ってるってことでいいな?

女:えー、それ極端だし強引すぎる・・

男:だって嬉しいんだろ?嫌いだったら迷惑なはずだぞ。

女:そうだけど・・

男:ハッキリ言えなんて言うつもりないぞ。なんとなく頷いてくれりゃそれでいいんだ。

女:うーん・・

男:良いとは思ってるだろ?

女:うーん・・そうなのかなあ。

男:もうそうしとけ。それでいいな?

女:うーん・・強引だなあ・・

今はこれで十分です。

「こんなので良いのか?」と思われたかもしれませんが、これでも女性の心は十分に揺れています。

強引に同意を求めながらも「今から俺と付き合えと言ってるわけじゃない」などと緩和も入れることで、女性を追いつめすぎないことも大事です。

かといって、男性側は引いたわけでもなく、意見も変えていません。

「俺は◯◯を良いと思ってる」という気持ちだけは最後まで貫きます。

そして、あえて極端なことを言って、女性に否定させています。

女性と二人だけで会えている関係なら「俺と一緒にいてつまんないか?」と聞いてみて、女性から「つまらない」とはまず返ってきません。

「そんなことない」という言葉を女性から言わせて、「じゃあ楽しいってことだな」と極端な方向へ持っていき、これを繰り返しながらなんとなく女性に同意させます。

なんとなくでも同意してしまったことで、女性は今後こちらを拒否しづらくなってくるからです。

これが口説きの狙いです。

会話例「女性の抵抗が強い場合の口説き方」

今度は、女性の抵抗が強いパターンの口説き会話例を挙げます。

男:ほら、ここホントにキレイだろ?

女:うん、すごいキレイ。

 (軽く会話しながら一緒に夜景を見た後、女性を後ろからハグする)

女:え?なになに?

男:ん?なんかこうしてると同じ視点で夜景見れるなあって。

女:えー、でも恥ずかしいよ。

男:そうか?周りもカップル多いし気にしなくても大丈夫だ。

女:そうかなあ。

(ここまでは布石で、ここから口説きに入ります)

男:俺さ、◯◯のこと良いと思ってるんだよ。

女:うん。

男:気が合うしさ、話してて楽しいし、あと女っぽくて可愛いしな。

女:うん。

男:◯◯も俺のこと良いと思ってるだろ?

女:えー、うーん・・

男:えーってなんだよ。

女:だっていきなりすぎるもん。

男:こういうことはいつ言ってもいきなりなんだよ。

女:うーん・・

男:俺のこと良いと思ってるだろ?

女:うーん、まだわかんないというか・・

男:まだわからんのか。じゃあ1分後にまた同じこと聞くからその間に気変わりしてくれ。

女:えー、無理だよ。

男:ワガママ言うでない。まだって言うから少し待つんじゃないか。

女:もっと待ってよ。

男:もっとか・・じゃあ2分後でどうだ?

女:変わってない変わってない。

男:倍にしただろ?大サービスも良いとこだぞ。

女:うーん、いきなり言われても・・

男:俺と付き合えって言ってるわけじゃない。俺のこと良いと思ってるだろって聞いてるだけだぞ。

女:でもまだよくわかんないし・・

男:俺と一緒にいてつまんないか?

女:そんなことないけど・・

男:だろ?俺が楽しいってことは◯◯も楽しいはずだからな。俺から良いと思われて迷惑か?

女:迷惑とは思ってないよ。

男:だろ?ちょっとは嬉しいだろ?

女:うーん・・

男:テレてるだけだろ?

女:っていうか、困ってる。

男:そりゃ困らせようとしてるからな。

女:えー、そうなの?

男:ああ。すんなりハイって言うとは思ってない。だからこうして口説いてる。

女:これ口説いてるんだ?

男:今気づいたんかい!そうだよ、俺は今◯◯を口説いてるんだ!

女:ねえ、恥ずかしいから話変えようよ。

男:ダメだ、変えない。大事な話だからな。あやふやで終わらせるつもりはない。

女:なんか強引だよね。

男:でも強引な男って嫌いじゃないだろ?

女:うん、まあ。

男:そろそろ2分経ったな。もう1回聞くぞ。俺のこと良いと思ってるだろ?

女:早い早い!ってか2分って納得してないって。

男:善は急げって言うだろ。

女:いやいや、意味わかんないし。

男:そうか。ってことは俺のことは嫌いってことか?

女:いや、嫌いってわけじゃ・・

男:だよな。こうして一緒に夜景まで見てる仲だもんな。

女:うん。

男:嫌いじゃないってことは好きってことだな?

女:いやいや、そうはならないでしょ。

男:嫌いの反対は好きだろ?

女:そんな極端じゃないと思う。

男:じゃあ、好きと嫌いの中間か?

女:うん、そんな感じで。

男:ピッタシ中間ってわけでもないだろ?好き側に近いだろ?

女:ピッタシ中間で。

男:そうか。まあ◯◯がなんて言おうが、俺は◯◯を良いと思ってるからな。

女:うん。

男:それは迷惑じゃないはずだ、そうだろ?

女:うん。

男:少しは嬉しいだろ?

女:うーん、というかビックリしてる。

男:驚いたか。でも嫌いだったらもっと嫌そうな顔するもんな。好き側に近い証拠だ。

女:中間ね、中間。

男:悪い、ちょっとよく聞こえなかった。どうも今日の俺の耳は「ハイ」とか「ウン」とか簡単な言葉しか聞き取れないようだ。

女:もう、調子良すぎ。

男:ポジティブと言ってくれ。良い言葉しか入ってこない耳って羨ましいだろ?

女:ねえ、話変えようよ。

男:ウンって言ったら話終わるぞ。

女:意地でも言わせたいわけ?

男:うむ、これを男の意地という。

女:頑固者だよね。

男:ナヨナヨしてるより全然良いだろ?

女:そりゃそうだけど、ちょっと強引すぎる。

男:俺は◯◯の気持ちを聞いてるだけ。だから今は「ウン」と言っておけばいい。

女:わかった。ウン・・これでいい?

男:ウン、私も良いと思ってるよ・・まで言ってみて。

女:それは無理。

男:頑固者だなあ。じゃあまた5分後に聞くとするか。

女:またそのパターン?

男:男は簡単に引いてはいけないんだよ。

女:引き際も肝心っていうよ。

男:俺の引き際はもっともっと先なんだよ。

と、かなり食い下がっているように見えるかもしれませんが、こんなのは普通によくあるやりとりです。

ただ、ここまで女性が拒否するということは、女性の好感度があまり高くない可能性があるので、こうやって口説きが多少苦戦することにもなります。

そのため、それまでに会話で女性の好感度を十分に上げてから、女性を口説いても良い段階まで持っていくことが大事です。

遊び人のような慣れている男性は口説きが上手いので、女性の好感度があまり高くなくても恋愛関係まで持っていくことを得意としています。

ただ、慣れていない男性にはそんな器用なことは難しいので、確実に成功したいなら上手く口説くことだけには頼らずに、女性の好感度を確実に上げることにも注力するようにしてください。




▼今すぐ真面目で美人の彼女が欲しい人はこちら▼

「50代で20代の女性と付き合えるようになりました!」

「このメルマガがきっかけで童貞卒業できました!」

「30歳で生まれて初めて女性から告白されました!」

「18歳年下の彼女と結婚することができました!」

そんな声を多数いただいているメール講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。