真面目美女から愛されるための出会い・トーク・口説き方を無料プレゼント中!

【女にモテる会話(実践編)】自己開示と自己アピールの会話例(仕事・趣味・家族)

腕まくりして女にアピールする男

自己開示と自己アピールの会話例(仕事・趣味・家族)について紹介します。

自己開示で必要な「仕事」「趣味」「家族」の自己アピール会話例

【女にモテる会話(実践編)】自慢と思われない自虐アピール術の効果

の記事で、女性に信用させる自己アピール術について少し紹介しましたので、今回は実際に例文を挙げてより実践的な解説をします。

自己開示すべき内容の「仕事」「趣味」「家族」について、それぞれ会話例を紹介します。

自己アピール会話例「仕事」

最初に、仕事をアピールした会話例を挙げます。

男:仕事ってどんなことしてる?

女:普通の事務かな。

男:スポーツジム?

女:そのジムじゃないって。座って仕事する事務。

男:ああ、そっちね。俺ジム通ってるからそっちが浮かんだ。仕事忙しい?

女:んー、そうでもないかな。

男:俺も今はそこまで忙しくないけど、前は激務だったよ。

女:そうなんだ。

男:精密機器の営業やってるんだけどさ、必死こいてやってたら売れすぎちゃったんだよ。

女:へー、すごい。

男:売れるのは良いんだけど、そのおかげでますます忙しくなって毎日帰りが終電だった。

女:うわ、それキツイかも。

男:こういうのを嬉しい悲鳴って言うんだろうな。

女:でも今は落ち着いてよかったよね。

男:そうそう、でも裏を返せば今はあまり売れてないってことだ。

女:え?そうなの?

男:前ほどはね。喜んで良いんだか悪いんだか。

女:忙しくない方がいいんじゃない?

男:まあ確かに毎日終電はキツイ。でもまた頑張って売ろうと思ってるよ。

女:へー、そうなんだ。

このように、お互いの仕事の話をしながらさりげなくアピールを入れています。

ここでアピールしているポイントは、

  • 仕事を頑張っていること
  • 営業成績も良かったこと
  • 今はそこまで忙しくないこと
  • また頑張ろうと前向きなこと

逆に、あえて自虐しているポイントは、

  • 今はあまり売れてない

と、こうやって少し落とすことによってアピールポイントの信頼性を高めています。

ここでは営業の仕事を例に挙げましたがこれを参考として、自分の仕事の自己開示と自己アピールの方法を事前準備しておいてください。

自己アピール会話例「趣味」

次に、趣味をアピールした会話例を挙げます。

男:休みって何してることが多い?

女:うーん、買い物とか友達とご飯行ったりとか。

男:買い物ってどこでよくする?俺は◯◯でよく服買ったりするけど。

女:あー、私は△△によく行くかな。

男:そっか。今日の服もそこで買った?

女:いや、これは違うかな。

男:へー、でもよく似合ってるよ。ご飯はどの辺でよく食べる?

女:うーん、□□駅の近くが多いかな。

男:おっ、俺も□□駅でよく食べる。××って店知ってる?

女:ううん、初めて聞いた。□□駅の近くにあるの?

男:うん、近いよ。そこのステーキランチが安くて旨いんだよ。肉好き?

女:肉大好きだよ。

男:いいねえ、じゃあ今度一緒に行こうぜ。

女:うん、いいね。

男:俺は食べ歩きが趣味みたいなもんだからさ、旨い店なら結構探し回った。

女:いいね、それ。

男:ハズレもかなり引いたけどな、激マズのカレー屋とか。

女:そんなにマズイの?

男:この俺が残そうと思ったくらいだぞ・・頑張って食べ切ったけど。

女:残さないのは偉いね。

男:カレーでマズイって珍しいでしょ?カレーって普通どうやっても旨いし。

女:確かにそうかも。

男:あとゴルフもたまに行くかな。

女:ゴルフかあ、私やったことないなあ。

男:教えるぞ、空振りのゴマカシ方から。

女:なにそれー、ゴマカすの?

男:そう、演技力が大事なんだよ。おかげでスコアはセミプロレベルだ。

女:いやいや、ゴマカシてるし。

男:真面目にやっても素人の上限レベルだぞ。

女:だったら真面目にやろうよ。

このように、お互いの趣味の話をしながらサラッと次の誘いも入れています。

女性慣れしていない男性ほど、女性との別れ際に次のデートへ誘っています。

それでも良いんですが、こういう自然な流れで誘う方がもっと効果的です。

ここでアピールしているポイントは、

  • 美味しい店をたくさん知っていること
  • ゴルフがそれなりに上手いこと
  • 趣味を楽しんでやっていること

逆に、あえて自虐しているポイントは、

  • 店探しでハズレも引いている
  • ゴルフでスコアをちょろまかしている

と、こうやって少し落とすことによってアピールポイントの信頼性を高めています。

自己アピール会話例「家族」

最後に、家族をアピールした会話例を挙げます。

男:兄弟って何人いる?あ、ちょっと待って、当てるから。

女:うん、なんだと思う?

男:うーむ・・一人っ子?

女:えー、そう見える?

男:なんか自由そうだから。

女:そんな風に見えるんだ。

男:あと、争い事とか嫌いそうだから。

女:うん、争い事は嫌いかも。

男:とにかく違うわけだな。じゃあ・・お姉さんが一人いる?

女:当たり当たり。

男:よっしゃ!お姉さんとは何歳違い?

女:2つ違いだよ。

男:そっか。仲良い?

女:仲良いよ、よく旅行とか一緒に行くし。

男:女姉妹はそうだろうなあ、うちは男兄弟だからまずないな。

女:お兄さん?弟?

男:3つ上の兄が一人いるよ。

女:お兄さんとは仲良くないの?

男:仲は良い方だよ、服とかたまに借りるし。まあ俺の方がスリムだからウエスト緩いけど。

女:でも仲良いね。

男:俺って弟っぽいイメージある?

女:うーん、どうかなあ、まだわかんない。

男:まあうちはあんまりケンカもなかったからな、兄貴優しいし。

女:いいお兄さんだね。

男:おかげで俺はこんな風に育った・・これはもう兄貴のせいだ。

女:いやいや、お兄さん悪くないでしょ。

このように、親兄弟の話はほっこりとした雰囲気で無難に盛り上がりやすいのが良いところです。

何より、こちらの素性を知ってもらうためにも親兄弟の話は必要ですので、是非とも入れるようにしてください。

また、親兄弟の話の中でお互いのイメージの伝え合いができるのも有効です。

ここでアピールしているポイントは、

  • スリムな体型
  • 優しい兄がいて仲が良い

逆に、あえて自虐しているポイントは、

  • 優しい兄のおかげで俺はこんな風に育った

こういうエピソードを入れることによって、女性はこちらへの警戒心を解いていきます。

多くの女性は最終的に結婚をイメージしているので、相手の男性の家族構成なども気にしています。

この会話例のように「優しい兄がいる」というのは、女性にとって安心できるポイントです。

ひょっとしたら義理の兄になるかもしれない人なので、その人がどういう人かも多少は気になるものです。

こういった感じで、女性と自分の家族情報を交換するようにしてください。

自己アピールポイントは事前に整理しておくこと

今回紹介した会話例を参考として、自分なりの自己アピールポイントを整理しておいてください。

「アピールポイントなんか一つもないんだけど・・」

・・と思った人は、多少盛っても良いです。(ウソはダメですが少し盛るくらいなら良いです)

大事なことは、アピールポイントを作ることと、それを準備しておくことです。

それがモテるように変われるかどうかを決めますので、絶対に手を抜かないようにしましょう。

上目遣いに気になる男を見つめる女

【女にモテる会話(実践編)】自己開示と自己アピールの会話例(血液型・ペット・今欲しいもの)

の記事では、「血液型」「ペット」「今欲しいもの」について、自己開示と自己アピールの会話例を紹介します。




▼今すぐ真面目で美人の彼女が欲しい人はこちら▼

「50代で20代の女性と付き合えるようになりました!」

「このメルマガがきっかけで童貞卒業できました!」

「30歳で生まれて初めて女性から告白されました!」

「18歳年下の彼女と結婚することができました!」

そんな声を多数いただいているメール講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。